メインコンテンツまでスキップ

重複排除の変更ログはどのように機能しますか。

Views:
776
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8<a>翻訳の場合</a>
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • clustered Data ONTAP
  • 重複排除と圧縮

回答

  • 変更ログには、データブロックに対する変更が記録されます。重複排除が開始されると、Data ONTAPは変更ログを参照してデータを重複排除し、重複排除プロセスが完了すると変更ログをクリアします。
  • 変更ログには、ブロックの変更レコードを最大8TBまで保持できます。
  • この最大サイズは変更できません。
  • 変更ログのサイズが64GBの場合、変更ログの新規書き込みは、ボリュームに8TB相当のデータが書き込まれるまで継続されます。

8TBのユーザデータ= 2147483648個のボリューム内のデータブロック(ブロックサイズあたり4k)
フィンガープリントサイズ= 32バイト
したがって、サポートされる変更ログサイズの合計= 2147483648 * 32バイト= 64GB

  • この制限を超えると、Data ONTAPは 変更ログへの変更の書き込みを停止し、次のメッセージをsyslogに書き込みます。

Thu Mar 25 04:54:39 GMT [nss-u55/nss-u56: sis.changelog.full:warning]:Change logging metafile on volume [host][vol] is full and can not hold any more fingerprint entries.

現在の使用状況を確認するには、該当するコマンドを使用します。
7-Modeの場合

[Run sis status -l
Last Operation Size] と[Changelog Usage] に現在のステータスが表示されます。
 

clustered Data ONTAPの場合:

::volume efficiency show -vserver  -volume 

重複排除プロセスを開始し、変更ログをクリアするには 、次の該当するコマンドを使用します。
7-Modeの場合
  • sis start コマンドは、重複排除プロセスを開始し、変更ログをクリアします。
  • ただし、 sis start コマンドだけを実行して 、変更ログがいっぱいになっても、変更されたブロックは処理されません。そのため、 sis start -s この場合は、コマンドを実行してすべてのデータを重複排除します。
clustered Data ONTAPの場合:

::>volume efficiency start -vserver <vserver name> -volume <vol name>

::>volume efficiency start -vserver <vserver name> -volume <vol name> -scan-old-data true

追加情報

TR-3966 :『NetAppデータ圧縮機能と重複排除機能導入および実装ガイドclustered Data ONTAP』

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.