メインコンテンツまでスキップ

deswizlerまたはdeswizzlingとは何か

Views:
384
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
dp
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • Data ONTAP 7
  • Data ONTAP 8(7-Modeおよびclustered)
  • ONTAP 9

回答

メモ: この記事では、Deswizzling、Deswizzle、およびDeswizzlerを同じ意味で使用していますが、すべて同じタイプのWAFLスキャンを参照しています。

  • Data ONTAP 7-ModeおよびONTAP 9 DP形式のSnapMirrorデスティネーションボリュームでは、転送に物理ディスクブロックの場所が含まれないため、このスキャンによってアグリゲート(物理)ブロックの場所がボリューム(論理)ブロックの場所にマッピングされます。
    • 例:
      • 物理的な家の住所では、123 Nのような「物理的な」場所があります。メインストリート、カリフォルニア州サニーベールのような「論理的な」場所。
      • これら2つのプロパティは郵便番号で結び付けられています。
      • 郵便サービスは、郵便番号によって「物理的」アドレス部分と「論理的」アドレス部分を一緒に参照することができます。
    • 注: ボリューム移動ではタイプDP SnapMirrorエンジンが使用されるため、デスティネーションボリュームで はdeswizzlerスキャンが実行されます。
これはパフォーマンスにどのような影響を与えますか?
  • Deswizzlingスキャンは、CPUとディスクの単独でのオーバーヘッドを最小限に抑えます。
    • 複数のスキャンを実行すると、原因CPUやディスクの競合が発生する可能性がありますが、これはまれです。
    • ブロックがユーザ/ホストから読み取られ、スイズリングされた場合(デウィザードスキャンでこのブロックがまだ更新されていない場合)、読み取りレイテンシがわずかに増加し、オーバーヘッドが増加します。
  • 読み取りは低速パスを実行します。
    • SSDを搭載したシステムではこれは最小限ですが、HDDの場合、処理あたりのレイテンシが数ミリ秒増加することがあります。
スキャナが常に起動しているのはなぜですか?
  • ボリュームがData ONTAP 7-ModeのSnapMirrorまたはDPタイプのSnapMirrorデスティネーションである場合、転送が完了するたびにスキャンが必要な新しいSnapshotが生成されます。
    • Snapshotを消去して、Active File System(AFS;アクティブファイルシステム)でスキャンを実行できるようにすることができます。
  • スナップショットの作成が最新から最新のスナップショットでスキャナを再起動するため、Deswizzlingスキャンが完了しないことがあります。
    • このような場合は、すべてのボリュームSnapshotおよびSnapMirrorタイプのジョブを停止するようにスケジュールを設定してください。
  • 詳細については、「 SnapMirrorデスティネーションボリュームでDeswizzlerが常に実行される」を参照してください。
deswizzlerは 、SnapMirror Type-XDP関係のデスティネーションボリュームに対して実行されますか。
  • デスティネーションDeswizzlerは    、ONTAP 9以降のSnapMirror Type-XDPデスティネーションボリュームに対しては実行されません。
解除を中止できますか?
  • デスティネーションこのスキャンは、ディザスタリカバリサイトをアクティブ化するためにSnapMirrorデスティネーションが必要な場合のパフォーマンスを確保するために不可欠です。
デスクトップはオフラインボリュームに対して実行されますか。
  • いいえ。オフラインボリュームでdeswizzlingを実行することはできません。
  •  deswizzler処理が、ボリュームのオフライン化またはsnapmirrorの更新の実行中に中断された場合、deswizzlerは、deswizzlingスキャンの途中でブロックレベルの更新が完了したときに最初から再開されるのではなく、チェックポイントで再開されます。
SnapMirrorの専用デスティネーションボリュームではないボリュームでdeswizzlerが実行されている場合はどうなりますか。
  • ボリューム履歴のある時点で、このボリュームはSnapMirrorデスティネーションまたはボリューム移動デスティネーションでした。
    • これは、観察なしに何ヶ月も、さらには何年もさかのぼることができます。
    • 前述したように、スキャンを完了するには、このボリュームにSnapshotがないウィンドウが必要です。
  • もう1つの例として、3番目のSnapMirrorトリオの中間ノードがエンドデスティネーションのソースとなるカスケードSnapMirrorがあります。
デスワイズリングスキャンは無効にできますか?
  • ○ただし、いずれかのブロックがスワイプされると、低速パスの読み取りペナルティが発生し、HDDシステムでは読み取りレイテンシが数ミリ秒増加する可能性があります。
  • コマンドは options wafl.deswizzle.enable off 、ノードシェルまたは7-Modeシェルで実行します。
    • たとえば、ONTAP 9システムの例を次に示します。

cluster_CLI::> node run -node node1 "options wafl.deswizzle.enable off"
cluster_CLI::> node run -node node1 "options wafl.deswizzle.enable"   

wafl.deswizzle.enable        off       

deswizzlerが実行されているかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

管理者は 、WAFL scan status コマンドを使用してスキャナが実行されているかどうかを確認できます。

7-Mode: filer> priv set advanced filer*> wafl scan status ONTAP 9: cluster_CLI::> node run -node node_name "priv set advanced;wafl scan status" 
Output example: Volume volume1: Scan id Type of scan progress 226328 container block reclamation block 1871 of 24095 (fbn 11220) 226329 volume deswizzling snap 157, inode 2144843 of 2172681. level 1 of normal files. Totals: Normal files: L1:10/4881 L2:0/11336 L3:0/5723 L4:0/0 Inode file: L0:0/0 L1:0/0 L2:0/0 L3:0/0 L4:0/0
スイズルスキャナを変更する前に、WAFLスキャナを無効にする必要がありますか?
  •  deswizzling スキャナの動作を変更するに は、まず wafl.deswizzle.enable をに設定し off 、すべてのdeswizzlingスキャナ が終了するのを待つことによって、すべてのdeswizzlingスキャナを終了する必要があります。
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.