メインコンテンツまでスキップ

「WAFL scan status」コマンドとは何ですか。

Views:
475
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
ontap-9
Specialty:
core<a>Data ONTAP 7</a><a> Data ONTAP 8.x</a><a> Data ONTAP 9.x</a><a> 1004238</a>
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • Data ONTAP 8
  • ONTAP 9

回答

  • WAFL では、さまざまなバックグラウンドスキャナを使用してファイルシステム操作を実行します
  • 一般的に、スナップショットの作成と削除は、最も一般的な2つのスキャナです。
  • これを実行するには:
    1. ::> node run -node node1
    2. node1> priv set advanced
    3. node1> wafl scan status
  • Scan ID(スキャンID)-スキャンに関連付けられたプロセスIDです。プロセスが完了しない場合や停止している場合、IDは変更されません。

wafl scan status :は、Data ONTAP 7-Modeシステムと新しいclustered Data ONTAP / ONTAPシステムの両方に対するadvanced権限を必要とするコマンドです。使用するのはネットアップの担当者だけにすることを推奨します。

スキャンのタイプ: 

  • アクティブなビットマップ再配置: WAFL データ構造で最適化を実行するスキャナ。ONTAP 9以降では必要ありません。
  • コンテナブロックの再生: 最近解放されたWAFL ブロックをボリューム単位でクリーンアップするスキャン。このスキャナで実行される作業は、ボリュームの空き領域の計算に役立ちます。この処理は通常、Snapshotを削除するときに実行されます。
  • inodeから親へ: Data ONTAP 7-ModeのFPolicyで使用できる相対パス名へのinode番号のマッピング詳細については、 「ボリュームでI2Pを有効または無効にする方法」を参照してください
  • deswizzling :Data ONTAP 7-ModeおよびONTAP 9 DP形式のSnapMirrorデスティネーションボリュームでは、転送に物理ディスクブロックの場所が含まれないため、このスキャンはアグリゲート(物理)ブロックの場所をボリュームブロックの場所にマッピングします。詳細については、デズウィッツリングに関する記事を参照してください。
  • snap create summary update: ボリュームSnapshotを作成した場合に、スキャンして内部メタデータを更新します。
  • Blocks Used summary: ボリュームSnapshotを作成した場合のSnapshotスペース使用量の内部メタデータを更新するスキャン。
  • WAFL レイアウトの測定再割り当てプロセスの一部。
  • 冷却: ブロックを階層化するためのクールなブロックとしてマークするFabricPoolのテクノロジの一部
  • 階層化: FabricPoolのテクノロジの一部で、ウォームデータをコールドストレージに階層化します
  • Inactive Data Reporting: コールドデータのブロックのレポートを作成するために使用されるスキャンは、ボリュームごとのデータアクセスパターンを把握するために構築されます

注意 :スキャンのタイプはより多くありますが、これらは最も一般的なタイプです。

 

追加情報

:ONTAP 9でWAFL スキャンステータスを実行する例を次に示します。7-Modeの場合は、1行目を除いて構文は同じです。

Cluster1::> node run -node node1 node1> priv set advanced node1*> wafl scan status Volume vol1: Scan id Type of scan progress 131021 container block reclamation block 245 of 673 (fbn 666) Volume vol2: Scan id Type of scan progress 131015 container block reclamation block 410 of 1050 (fbn 305) Volume vol3: Scan id Type of scan progress 131013 container block reclamation block 2463 of 4038 (fbn 3586) Volume vol4: Scan id Type of scan progress 131017 container block reclamation block 32 of 97 (fbn 63) Volume vol5: Scan id Type of scan progress 130504 WAFL layout measurement public inode 1599012 of 9074660, block 765 of 1996 Volume vol6: Scan id Type of scan progress 131029 container block reclamation block 5 of 20 (fbn 17) Volume vol7: Scan id Type of scan progress 131024 volume deswizzling snap 911, inode 4068843 of 6198122. level 1 of normal files. Totals: Normal files: L1:5/179926 L2:4/33564 L3:1/1237 L4:0/0 Inode file: L0:0/0 L1:0/0 L2:0/0 L3:0/0 L4:0/0 131023 container block reclamation block 1229 of 2019 (fbn 268) Volume vol8: Scan id Type of scan progress 131038 container block reclamation block 3 of 17 (fbn 6) Volume vol9: Scan id Type of scan progress 131020 volume deswizzling snap 910, inode 1822107 of 13286210. level 1 of normal files. Totals: Normal files: L1:14/95800 L2:8/169379 L3:1/10743 L4:0/0 Inode file: L0:0/0 L1:0/0 L2:0/0 L3:0/0 L4:0/0 131019 container block reclamation block 3684 of 8144 (fbn 6565)

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.