メインコンテンツまでスキップ

FAQ - FlexCloneスプリット

Views:
304
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

環境

  • ONTAP 9.3 以前
  • Data ONTAP 8.2 7-Mode
  • clustered Data ONTAP 8.3

回答

FlexCloneボリュームのスプリットに関するFAQを次に示します。

FlexCloneスプリットとは何ですか。

FlexCloneスプリットは、FlexCloneボリュームを親ボリュームからスプリットします。スプリットを実行すると、親ボリュームからすべての共有データの完全なコピーが作成され、2つのボリューム間の関係または依存関係がすべて削除されます。スプリットが完了すると、FlexCloneボリュームではなく通常のボリュームを使用します。FlexCloneスプリットのデスティネーションアグリゲートは選択できません。選択したアグリゲートは常に親ボリュームと同じになります。

Data ONTAP でのFlexCloneスプリット処理について教えてください。

Data ONTAP では、バックグラウンドスキャナを使用して、共有データを親ボリュームからFlexCloneボリュームにコピーします。スキャナは常に1つのアクティブメッセージを持ち、inodeが1つしか処理されないため、inodeが少ないボリュームでスプリットの速度が速くなる傾向があります。また、FlexCloneボリュームで書き込まれたデータ、上書きされたデータ、または削除されたデータは親ボリュームと共有されないため、コピーする必要はありません。スプリット処理中は、親ボリュームとFlexCloneボリュームが両方オンラインになり、クライアントアクセスが中断されることはありません。

FlexCloneスプリットを使用する場合、特別な考慮事項はありますか。

FlexCloneボリュームをスプリットすると、FlexClone上のすべてのSnapshotコピーが削除され、スプリットが完了するまでFlexCloneボリューム上の新しいSnapshotは作成されません。FlexCloneスプリット処理はバックグラウンドスキャナによって低優先度で処理されます。完了までにかなりの時間がかかることがあります。inode(ファイル)が多数あるFlexVolは、inode(ファイル)が少ないFlexVolよりも処理が遅くなります。

FlexCloneボリュームにSnapshotを保持するFlexCloneスプリットには、ほかにも方法がありますか。

clustered Data ONTAP を使用している場合、FlexCloneスプリットと同等の機能が、FlexCloneボリュームのボリューム移動を実行します。ボリュームを移動すると、FlexCloneのすべてのデータの完全なコピー(つまり、共有ブロックの親ボリューム)が別のアグリゲートに作成されます。ボリューム移動処理が完了すると、関係や依存関係が解放され、FlexCloneボリュームが通常のボリュームになります。ボリューム移動では、すべてのSnapshotが保持され、移動中に新しいSnapshotを作成できます。FlexCloneボリュームのボリューム移動速度は通常のボリュームとほぼ同じで、クライアントアクセスは中断されません。通常、ボリューム移動処理では、FlexCloneのスプリット処理よりも空きスペースが多くなります。これは、すべてのデータ(共有および非共有)がコピーされるのに対し、FlexCloneのスプリットでは共有データのみがコピーされるためです。

7-ModeでData ONTAPvol copy を使用している場合は、コマンドまたはSnapMirrorを使用して最初のフルコピーを作成します。

FlexCloneスプリット処理を実行するために必要な容量はいくつですか。

FlexCloneボリュームの作成直後、そのボリュームと親ボリュームの参照Snapshotの間ですべてのデータが共有されます。 また、親ボリュームからFlexCloneボリュームをスプリットするには、Snapshotの作成時に親のアクティブファイルシステムの使用容量と同じストレージ容量が必要です。書き込み、上書き、削除が原因でFlexCloneボリュームと親が異なっていると、共有データの量は減少します。Data ONTAP には、FlexCloneボリュームを親からスプリットするために必要なストレージ容量を見積もるコマンドが含まれています。

メモONTAP 9.4以降では、AFF システム上のボリュームのギャランティが保証されない場合、FlexCloneボリュームのスプリット処理で物理ブロックが共有され、データはコピーされません。

  • clustered Data ONTAPvolume clone split estimate の場合は、コマンドを使用します。次に、このコマンドの使用方法と出力例を示します。

c-mode::> volume clone split estimate
Split
Vserver FlexClone Estimate
--------- ------------- ----------
demo10-vs1
quotas_c 8.55GB

  • 7-ModeのData ONTAPvol clone split estimate の場合は、コマンドを使用します。次に、このコマンドの使用方法と出力例を示します。

7-mode> vol clone split estimate quotas_c
An estimated 10gb available storage is required in the aggregate to split
clone volume 'quotas_c' from its parent.

FlexCloneスプリットの進捗状況はどのようにして監視しますか。

  • clustered Data ONTAPvolume clone split status の場合は、コマンドを使用します。次に、このコマンドの使用方法と出力例を示します。

c-mode::> volume clone split status
Inodes Blocks
--------------------- ---------------------
Vserver FlexClone Processed Total Scanned Updated % Complete
--------- ------------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------
demo10-vs1
quotas_c 98007 3309579 354217 293763 2

  • 7-ModeのData ONTAPvol clone split statusの場合は、コマンドを使用します。次に、このコマンドの使用方法と出力例を示します。

7-mode> vol clone split status
Volume 'quotas_c', 108175 of 2912700 inodes processed (3%)
251788 blocks scanned. 239605 blocks updated.

出力% complete or processed にはフィールドが含まれています。このフィールドは、ブロックがスプリットされた数ではなく、inodeのスプリット数に基づいています。値は整数で丸められます。ボリュームにいくつかの大きなファイルまたはLUNが含まれている場合、進捗状況が%フィールドに正確でない可能性があります。

FlexVol クローンスプリットに時間がかかるのはなぜですか。

通常、クローンスプリット処理には時間がかかることがあります。

Flex Clone Splitでは、クローンを作成するボリュームに、すべてのデータビットと空きinodeを転送する必要があります。スプリットが完了すると、表示されたinodeの合計数に空きが加えられ、各inodeがソースからスプリットされて分離されているボリュームにコピーされます。
クローンスプリット処理はコピー処理であり、次の理由により、実行にかなりの時間とリソースがかかることがあります。

  • アグリゲート内の空きブロックは、親とクローンで共有されているブロックをコピーするために使用されます。
  • FlexCloneスプリットでは、ディスクI/O処理が発生し、アグリゲート内で他のディスク処理と競合する可能性があります。
  • コピー操作では、CPUおよびメモリリソースが使用されます。このため、フル搭載のファイラーのパフォーマンスに影響する場合があります。

ただし、Data ONTAP は、スプリット処理によるパフォーマンスへの潜在的な影響に対応しています。分割操作はバックグラウンドで実行され、優先度はフォアグラウンド操作に大きく影響しないように設定されます。
クローン処理はバックグラウンドで実行され、親ボリュームまたはクローンボリュームのどちらへのデータアクセスも妨げられません。また、操作中にユーザープロセスに影響はなく、スプリット操作は優先度の低いジョブとして扱われます。これは、ボリュームに書き込まれたデータのみをコピーするボリュームコピー処理のようなものではありません。

クローンボリュームを作成すると、そのボリュームの使用をすぐに開始し、データの整合性に影響を及ぼすことなく(スプリットが完了するまでSnapshotを作成できない点を除く)、スプリットをバックグラウンドで実行できるようにすることができます。フレキシブルボリュームおよびFlexCloneスプリットのクローニングの詳細については

、次のドキュメントを参照してください。Data ONTAP 8.2 7-Modeストレージ管理ガイド
clustered Data ONTAP 8.3論理ストレージ管理ガイド
clustered Data ONTAP 9.x論理ストレージ管理ガイド

追加情報

ここにテキストを追加します。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.
  • この記事は役に立ちましたか?