メインコンテンツまでスキップ

FIPS ドライブまたは SED に認証キーを割り当てる方法

Views:
26
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • オンボードキーマネージャ( OTM )
  • 外部キーマネージャ( EKM )
  • 自己暗号化ドライブ(SED)
  • 連邦情報処理標準( FIPS ) 

説明

  • この資料では、FIPSドライブまたはSEDに認証キーを割り当てる方法について説明します。
  • 自己暗号化ドライブは、認証キーIDがデフォルト以外の値に設定されている場合にのみ、不正アクセスから保護されます。
  • SASドライブの標準のデフォルト値は、キーIDが0x0のManufacturer Secure ID(MSID;メーカーのセキュアID)です。
  • NVMeドライブの場合、標準のデフォルト値はnullキーで、空のキーIDで表されます。 
  • このキーIDを自己暗号化ドライブに割り当てると、認証キーIDがデフォルト以外の値に変更されます。
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.