メインコンテンツまでスキップ

ディスク再構築はパフォーマンスに影響を与えますか。

Views:
55
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
disk-drives
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9.x
  • Data ONTAP 8.x の場合
  • Data ONTAP 7-Mode

回答

  • Data ONTAP は、設計上最も影響の少ない方法で再構築/再構築を完了しますが、システムリソースの一部が必要になります
  • CPU またはディスクレイヤのいずれかでリソースのボトルネックに近いシステムでは、これによって全体的なレイテンシが増加する可能性があります 
  • 潜在的な軽減オプション:
    • 可能であれば、ノードの全体的なワークロードを削減します
    • ワークロードをより多くのスピンドルに分散するディスクを追加して、 I/O 帯域幅を増やします。
    • I/O のレイテンシを減らし、 I/O 帯域幅を増やした SSD に移行します。

注: 障害が発生したドライブからパリティからデータを再構築するプロセスは、異常なディスクコピーを実行する場合よりも影響力が大きくなります

 

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.
Scan to view the article on your device