メインコンテンツまでスキップ

NetApp NFSエクスポートでのall_squashに相当する機能の設定方法

Views:
742
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
data-ontap-8
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP 8.2 7-Mode 
  • Data ONTAP 8.1 7-Mode 
  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • Data ONTAP 7 以前

説明

この記事では、NetApp NFSエクスポートでall_squashの同等機能を設定する方法について説明します。

all_squash Network File System(NFS)エクスポートでオプションを使用することを選択する場合があります。(Data ONTAP では all_squash なく)Linux NFSサーバでは、このオプションを使用すると、サーバは受信するNFSユーザID /グループID(UID / GID)を無視し、サーバをエクスポートで設定することができます。all_squash このオプションを使用すると、特定のエクスポートのすべてのクライアントに対して、同じユーザとして読み取りおよび書き込みが強制されます。

all_squash このオプションは、ストレージシステムでは使用されません。ただし sec=noneanon=(uid) 、オプションとオプションを使用することはできます。詳細については、次の技術情報を参照してください。ONTAP 7-Modeおよびclustered Data ONTAP でのno_root_squash設定方法

詳細については 、TR-4067『NFS Best Practice and Implementation Guide』(セクション:4.8「Mapping all UID to a Single UID(squash_all)」)
参照してください。clustered Data ONTAP でこの処理を実行する方法: clustered Data ONTAP で_squashと同等の機能を有効にする方法

TSAPは、2台のLinuxマシンを使用して複製可能なすべての新しいNFSクライアント(ストレージ・システムではなく)が問題 であることを説明します。sec=none エクスポートでは2つ -o sec=none のDebianボックスがコマンドと一緒に使用され、マウントではコマンドが失敗しました。

sec=noneanon=(uid) ストレージシステムでNFSv3経由のコマンドを使用すると失敗し、コンソールに次のメッセージが記録されます。

Client <IP>, is send the NULL reply

マウントしようとすると、クライアントから次のようなエラー出力が返されます。

1032305-1.png

 マウントしようとすると、次のようなエラー出力が返されます。

1032305-2.png

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.