メインコンテンツまでスキップ

clustered Data ONTAP でネットグループキャッシュをフラッシュする方法

Views:
171
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
nas
Last Updated:

環境

ONTAP 9

回答

  • ONTAP は、パフォーマンスを向上させるために、ネットグループのデータをローカルキャッシュにキャッシュします。
  • ただし、キャッシュを使用しているため、 nisldap サーバ上のネットグループデータベースに加えられた変更は、クラスタ上ですぐには反映されません。
  • これらのファイルは、次回キャッシュが期限切れになった後にのみ使用可能になります。
  • 管理者がこれらの変更をすぐに反映する必要がある場合は、キャッシュを手動でフラッシュする必要があります。
    • 次のセクションでは、 NIS または LDAP ネームサーバのネットグループキャッシュをフラッシュする方法について説明します。
      • 注:
        • 次の一連のコマンドは、ネットグループの複数のエントリをフラッシュし、 SVM がネームサービスからデータ全体をフェッチするように強制します。これらのコマンドは、必要な場合にのみ使用してください
        • 'export-policy cache flush'このコマンドは、キャッシュを所有するノードから発行する必要があります。つまり、各ノードの管理 LIF にログインします。
        • 次のコマンドの一部は、 diag 権限でのみ使用できます。
  • NIS / LDAP ネットグループキャッシュをフラッシュします。
    • ネットグループキャッシュを手動でフラッシュするには、次のコマンドを正しい順序で実行します。
      1. 各ノード管理 LIF から、 MGWD/SECD ネットグループキャッシュをフラッシュします。  
        • 9.3 より下で実行されている ONTAP の場合:

                    export-policy cache flush -vserver <vserver-name> -cache netgroup 

  • 9.3 以降のキャッシュを実行する ONTAP の場合、グローバルなキャッシュは次のとおりです。
  • IPからネットグループへのキャッシュから特定のエントリのみをフラッシュする場合

vserver services name-service cache netgroups ip-to-netgroup delete -vserver <vserver-name> -host <client-IP-address> -netgrp <netgroup>

  • SVM上のIPからネットグループキャッシュ全体をフラッシュするには

                        vserver services name-service cache netgroups ip-to-netgroup delete-all -vserver <vserver-name>

 2. NBLADE のネットグループキャッシュをフラッシュします。

diag exports nblade access-cache flush -node <node-name> -vserver <vserver-name> -policy <export-policy-name> -addres   s <client-IP-address> 

 

flags -addressと-vserverは、すべてをフラッシュする必要がある場合に削除できます。
  • 上記Error: As name service caching is enabled, Netgroups" caches no longer exist.のコマンドの実行後にというエラーが表示された場合は、次のコマンドを使用して、対応するネームサービスキャッシュエントリを削除します。
    • set advanced;vserver services name-service cache netgroups ip-to-netgroup delete-all  右記の vserver services name-service cache netgroups members delete-all 
  • 8.3.2 より前の clustered Data ONTAP バージョンの LDAP ネットグループの場合は、上記の手順を実行する前に次のコマンドを実行します。
    • バージョンが 8.3.2 以降の場合は、この手順を省略できます。
      •  SECD ネットグループキャッシュをフラッシュします。
        diag secd cache clear -node <node-name> -vserver <vserver-name> -cache-name netgroup-ip -entry <netgroup-name>
        diag secd cache clear -node <node-name> -vserver <vserver-name> -cache-name netgroup-host -entry <netgroup-name>
        diag secd cache clear -node <node-name> -vserver <vserver-name> -cache-name ldap-netgroupname-to-members -entry <netgroup-name>
フラグエントリは、すべてをフラッシュする必要がある場合に削除できます。

 

追加情報

TR-4379 -『Name Services Best Practices Guide』5.8 「netgroup Best Practices」の「Which Caches to Clear out Netgroups?」 を参照してください。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.
Scan to view the article on your device