メインコンテンツまでスキップ

HUK 6.2をサポートするためのSolarisホストの推奨事項

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
not set
Specialty:
san
Last Updated:

環境

Solaris 11.4の新規インストール

回答

  • Solaris 11.4では、FCドライバのバインドがSSDからSDに変更されます。  また、構成ファイルはにあり /etc/driver/drv 、にはありません  /kernel/drv
  • ドライババインディングの変更に関連して、private/devicesパス内のノード名が ssd@ からに変更されます。 generic disk@.
  • デフォルトでは   、NetApp Host Utilitiesに付属のhost_configユーティリティによって /etc/driver/drv/ssd.conf ファイルが変更されます。ただし、設定の変更は /etc/driver/drv/sd.conf ファイルに対して行う必要があります。
  • にある設定は ssd.conf  sd.conf 、Oracle(ドキュメントID 2595926.1)の詳細に従ってに移動する必要があります。  さらに、 ssd stanza  sd ファイルのをに変更します。
HUKが設定されている/なしのシステム設定
HUKのインストール前のOS設定

root@Solaris_server:~# prtconf -v |grep NETAPP

 value='scsiclass,00.vNETAPP.pLUN_C-Mode.r9121' + 'scsiclass,00.vNETAPP.pLUN_C-Mode' + 'scsiclass,00' + 'scsiclass' value='NETAPP'

root@Solaris_server# devprop -n /dev/rdsk/c0t600A098038314A714D2B555455313355d0s2 device-blksize device-pblksize

512

512

HUKのインストール後に従う手順
  1. HUKのインストール後、 host_config 適切な引数を指定してコマンドを実行します。

例: Solarisネイティブマルチパス(MPxIO)を使用する場合は、次のコマンドを実行します。

root@Solaris_server#/opt/NTAP/SANToolkit/bin/host_config -setup -protocol fcp -multipath mpxio

  1. に次の行が追加されます /etc/driver/drv/ssd.conf。これをにコピーする必要があり /etc/driver/drv/sd.confます。さらに、 ssd スタンザをに置き換える必要があり sdます。

root@Solaris_server:/etc/driver/drv/# cp  /etc/driver/drv/ssd.conf  /etc/driver/drv/sd.conf

root@Solaris_server:/etc/driver/drv/# vi /etc/driver/drv/sd.conf
:%s/ssd/sd/g

  1. の内容を確認します。 sd.conf

 :マルチパスがMPxIOおよびDMPの場合の出力は次のとおりです。

  • MPxIOヨウ

root@Solaris_server# cat /etc/driver/drv/sd.conf |grep NETAPP

sd-config-list="NETAPP  LUN", "physical-block-size:4096, retries-busy:30, retries-reset:30, retries-notready:300, retries-timeout:10, throttle-max:64, throttle-min:8";

  • DMPの場合:

root@Solaris_server# cat /etc/driver/drv/sd.conf |grep NETAPP

sd-config-list="NETAPP  LUN", "physical-block-size:4096, retries-busy:30, retries-reset:30, retries-notready:300, retries-timeout:10, throttle-max:8, throttle-min:2";

  1. すべての変更を有効にするには、サーバをリブートします。
host_config後のステータスと sd.confファイルでの変更

root@sparc-s7-54-90:/etc/driver/drv# prtconf -v |grep NETAPP

 value='NETAPP  LUN' + 'physical-block-size:4096, retries-busy:30, retries-reset:30, retries-notready:300, retries-timeout:10, throttle-max:64, throttle-min:8'

 root@sparc-s7-54-90:/etc/driver/drv# devprop -n /dev/rdsk/c0t600A098038314A714D2B555455313355d0s2 device-blksize device-pblksize

512

4096

注:

  • システムを以前のバージョンのSolaris 11.3以前のバージョンからSolaris 11.4にアップグレードする場合、これらの変更は必要ありません。
  • 11.4を新規インストールし、ファイバチャネルデバイスを強制的にSSDドライバにバインドするように動作を変更するには、ファイル(/etc/devices/inception_points)に次の行を追加し、再構成を実行して再起動します。 

 # scsa-no-binding-set-fcp   

 # scsa-no-binding-set-vhci   

 # swapgeneric-ssd-loads-sd 

追加情報

[1] 詳細については、OracleのドキュメントID 2595926.1を参照してください。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.