メインコンテンツまでスキップ

ネットワーク上で別のベースラインを実行せずに、Volume SnapMirrorデスティネーションを同じストレージシステム上のボリューム間で移動することは可能ですか。

Views:
4
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
snapmirror
Specialty:
dp
Last Updated:

環境

  • SnapMirror
  • Data ONTAP 7 以前

回答

格納されたボリュームはVolume SnapMirrorデスティネーションに使用され、この関係は保持する必要があります。

  1. デスティネーションストレージシステムで、問題 を更新します。これにより、元のソースと宛先の間の現在の関係が更新されます。
    filer>snapmirror update <Orig_dest>
  2. ソースストレージとデスティネーションストレージ間でSnapMirrorの休止と解除を実行します。
    filer> snapmirror quiesce <snapmirror destination volume>
    filer> snapmirror break <snapmirror destination volume>
  3. /etc/snapmirror.conf デスティネーションストレージシステムでファイルを変更して関係を削除します。
  4. <snapmirror destination volume>との間に新しいSnapMirror関係<snapmirror NEW_destination volume>を作成します。この新しい関係の場合<snapmirror OLD_destination volume><snapmirror NEW_destination volume>、がソースで、がデスティネーションです。
    CLIを使用して関係を作成する方法については、「SnapMirrorによるデータ保護」を参照してください。
  5. 関係が完了してSnapMirrorによってミラーされたと表示されたら、この関係に対してSnapMirrorの休止と解除を実行します。
    filer> snapmirror quiesce <snapmirror NEW_destination volume>
    filer> snapmirror break <snapmirror NEW_destination volume>
  6. /etc/snapmirror.confデスティネーションのファイルを変更してこの関係を削除します。 
  7. デスティネーションストレージシステムで、SnapMirror再同期を実行Orig_srcNew_destして、新しいデスティネーション(との間)とSnapMirrorの関係を確立します。
     filer> snapmirror resync -S OriginalSourceFiler:<snapmirror source volume> DestinationFiler:<snapmirror NEW_destination volume>
  8. デスティネーションストレージシステムの/etc/snapmirror.confファイルを更新して、スケジュールされた更新を確立します。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.