メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

SVM 、および Active IQ Unified Manager での対応するイベントとアラートに対して、ユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーを作成して関連付ける方法

Views:
8
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

に適用されます

  • アクティブ IQ Unified Manager 9.x

説明

この記事では、ユーザ定義のパフォーマンスしきい値ポリシーを作成し、 SVM IOPS の警告や重大のしきい値などのストレージオブジェクトにパフォーマンスしきい値ポリシーを関連付け、しきい値を超えたときに関連イベントからトリガーされるアラートを作成して設定するための必要な手順を説明します。

 

Scan to view the article on your device