メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

ActiveIQ Unified Manager の録音ファイルとは何ですか。また、トラブルシューティングのために解析するにはどうすればよいですか。

Views:
59
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
not set
Specialty:
not set
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

Active IQ Unified Manager

 

回答

記録ファイルは、 ActiveIQ Unified Manager 内でポーリングサイクルがトリガーされた時点で作成され、クラスタ化された ONTAP オペレーティングシステムから収集されたデータに記録されます。

  • 録音ファイルは、クラスタから実際に ActiveIQ Unified Manager によって受信された raw API データをキャプチャします。
  • インベントリポーリングが実行されるたびに、基盤の記録ファイルが作成されます。
    • ポーリングは、デフォルトでは 5 分ごとに 1 回実行されます。
  • パフォーマンスレコーディングファイルは、「 1 日 1 回の録画」 zip ファイルにバンドルされています。
    • パフォーマンスレコーディングファイルには、 1 つのレコーディングファイルにつき最大 5 つのポーリングサイクルサンプル(番号付きフォルダ)が含まれます。
  • 記録ファイルには、ポーリングサイクルの成功または失敗のステータスを記録する 1 つ以上の「 sample.log 」ファイルがあります。
記録ファイルの命名規則: logtype_"sample.log"CLUSTERNAME.corp.company.org_datasourceid_year_month_day_HR_MIN_SEC_XXX.zip
ファイルの命名規則log_: logtype_clustername.corp.company.org_91_year_month_day_hr_min_sec_xxx.sample.log
  • 「 sample.log 」の記録は通常「 root 」フォルダ内にありますが、「 number 」フォルダ内にも保存できます。両方のフォルダを確認してください。

 


サポートバンドル内のサポートバンドル内のレコーディングファイルを検索する方法。レコーディングファイルはフォルダ内にあります。 Support_bundle_DATE_HR_MIN_SEC\acquisition\recording

問題が発生した日付に作成されたストレージパフォーマンス記録ファイルを検索しています。
例: netappstorageperformance_CLUSTER01.corp.company.org_01_2019_06_09_08_37_21_665.zip

  • sample.log ファイルの場所を確認する方法
    • ルートフォルダまたは番号付きフォルダをチェックして、 sample.log ファイルを特定します。
    • 任意のテキストエディタで sample.log ファイルを開きます。   
    • このサンプルファイルは、パフォーマンスの取得が成功したか失敗したかを示します。
    • 失敗した場合、エラーは sample.log ファイルに記録されます。

 

ここでは、 NetAppFoundation と NetAppStoragePerformance の両方の記録ファイル構造の例を示します。

ネットアップの基盤:

NetAppFoundation : _3_2019_05_30_11_51_22_243 xx.xx.xx.xx

12_






基金: -1559242272012_DESCRIPTION.xml+192051_www.netapp.com/19_xx_91_2019_91_2019_2019_05_2019_Foundation_xx_2019_91_2091_2091_APPDAT_2091_2091_2091_APPDATION_20051_20_ www.netapp_91_2091_2091_2091_2091.xx_DESCRIPTION20_ www.netapp_20_ www.netapp_91_2091_2091_20_ www.netapp_91_2091_20_ www.netapp_91_2091_2091_20_ www.netapp_2091_2091_20_ www.netapp_91_2091_2091_2091_2091_2091_20_ www.netapp_91_2091_2091_20_ www.netapp_91_20_ www.netapp_91_2091_20_ www.netapp_91_20_ www.netapp_91_20_ www.netapp_91_20_ www.netapp_91_20_ www.




        log_netappfoundation_xx.xx.xx.xx_91_2019_05_30_11_51_12_012_sample.log


NetAppStoragePerformance :

NetAppStoragePerformancexx.xx.xx.xx_3_2019_05_30_00_28_01_556
2007






~ 1559200078025 DESCRIPTION_XML192091_netappstoragePerformance _ xx.xx_91_2019_2019_ パフォーマンスログ 2091_2091_2019_ パフォーマンスログ 2091_2091_00_ パフォーマンスログ 2091_2091_2091_2005__ パフォーマンスログ 2091_20_ パフォーマンスログ 20_ 記録 _ 時間 _ 記録 _





163185_000300_1559199900886_0270000CCMA.MD5

│       163185_000300_1559199900886_0270000.ccma.meta
電話: 0138382_000300_1559199900552_0282000.CCMA.gz
│       163382_000300_1559199900552_0282000.ccma.md5
163382_000300_15591999005199900202000.CCMA.DESCRIPTTOR19_2091.xml19_netappstoragePerformance

_xx.xx.xx_91_2019_05_30_00_058_014_Iterator_Response_times.txt
ログ _ NetAppStoragePerformance _xx_2091_2091_2091.00_2091.00_ パフォーマンス 2091.00_ パフォーマンス 2091.00_2091.00_




















│       recording_netappstorageperformance_xx.xx.xx.xx_91_2019_05_30_00_12_58_013_netappstorageperformance.dat


へんし< 切り捨てられました3 つの番号付きフォルダ出力
>2007
年度上期営業実績ログ記録 >2007 年度上期




実績ログ記録 2091_2091_2091_2091_2091_Sample_2091_2091_2091_Sample_2091_2091_2091_2019_05_00_12_51_2051_2051_2051_2051_2051_2091_30.Storage_91_20051_2091_20051_sample_91_2051.XX.xx_91_sample_91_20051_20_ パフォーマンスログ記録ログ記録 2091_2091_2091_2091_2091_2091_2091_2051.XX.xx_91_20_ サンプル Storage ログ記録 _ サンプル Storage ログ記録

追加情報

ストレージパフォーマンスレコーディング内には、クラスタからダウンロードされた CCMA ファイルのコピーが含まれます。

  • これらの CCMA ファイルは人間が判読できず、特殊なソフトウェアツールでのみ解析できます。  CCMA ファイルには、クラスタからの生のパフォーマンスデータが含まれています。
  • CCMA ファイルは、 Storage Performance Recording の UNIX タイムスタンプフォルダ(「 Numbered 」フォルダ)内にあります。
  • 各番号付きフォルダ内には、クラスタ内の各ノードに CCMA.gz 、 CCMA.MD5 、および CCMA.メタ ファイルが必要です。
    • これらのファイルのいずれかが見つからない場合は、 Unified Manager がいずれかのクラスタノードから CCMA ファイルコレクションを受信しなかった可能性があります。
  • サポートバンドルのスペースを節約するために、毎日のパフォーマンス記録ファイルには、 1 日を通してキャプチャされる多数のパフォーマンス記録から 5 つの CCMA ファイルのみが含まれます。

 

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?