メインコンテンツまでスキップ

AIQUM のバックアップとリストアに関するベストプラクティスを教えてください。

Views:
4
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

Active IQ Unified Manager ( AIQUM )

回答

  • 時間の経過に伴う差分バックアップでは、ファイル数が大幅に増加する可能性があります。リストア時には、スナップショットオプション( VMware 以外の環境でホストされているインスタンス)を使用しない場合、これにはかなりの時間がかかることがあります。
  • この問題を軽減するために、バックアップとリストアのスケジュールを最適化するためにいくつかのベストプラクティスに従うことを推奨します。
  1. Unified Manager の GUI でバックアップの保持数を 30 に維持します。
  2. 大規模な環境で、 KB :新しい増分バックアップ・チェーンの開始方法を参照することをお勧めします
    1. 毎月のフルバックアップを強制( GUI 内のアドホックバックアップ)
:フル・バックアップを実行するには ' バックアップが完了するまで数時間かかる場合があるため ' 営業時間外のバックアップを選択してくださいこの間、データ取得エンジンは応答しません。これは、停止状態の監視と同じです
  1. Unified Manager が RHEL / CentOS / Windows からホストされている場合は、次の手順を実行します。
    1. バックアップパスを別のリモートパスに設定する
    2. ベストプラクティスとして、 Unified Manager バージョンをインストールした状態で新しい VM スタンバイを開始することを推奨します。*7.zip .sql手順 1 (必要な場合)から最新のファイルとファイルをリストアします。
  2. RHEL または OVA ( vApp/)でホストされる Unified Manager インスタンスでは、「ファイルシステムがフルになったためにフルバックアップが失敗することがあります。
    1. これはバグ1213753 で解決されました
    2. OnCommand Unified Manager のバックアップが「バックアップのアーカイブデータ / データ / ocum-backup/ocum-backup/databasedumps -repo_full_backup.sql.7z の作成中にエラーが発生しました」
  3. bakcup と復元に関する問題のログの場所
    1. Linux / vApp : /var/log/ocum/ocum-error.log
    2. Windows: <drive>\ProgramData\NetApp\OnCommandAppData\ocum\log\ocum-error.log

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device