メインコンテンツまでスキップ

パフォーマンス予算とは

Views:
7
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

に適用されます

  • Active IQ Unified Manager
  • ONTAP OS

回答

パフォーマンスサービスレベル( PSL )によるストレージワークロードの管理は、 ONTAP クラスタとの一貫した差別化されたパフォーマンスを実現するためのアプローチの 1 つです。PSL は、ワークロードのサービスレベル目標( SLO )とサービスレベル契約( SLA )を定義し、優先順位に一致するパフォーマンスレベルを提供します。PSL では、 SLO は「ピーク IOPS 」値として定義され、 SLA はワークロードに割り当てられた「予測 IOPS 」として定義されます。したがって、ストレージ( ONTAP )システムのワークロードに割り当てられた SLA と SLO に基づいて予算編成サービスが定義されます。具体的には、すべてのワークロードについて、 SLA 設定は保証されたパフォーマンスとみなされ、 SLO は目標とされるパフォーマンスと見なされます。ストレージリソース(ノードやストレージプール( ONTAP アグリゲートなど)にあるすべてのワークロードのすべての SLA を合計することで、特定のリソースについて保証され、ターゲットに指定されたすべての IOPS の推定値が算出されます。リソース(ノードまたはストレージプール)ごとに、 PSL が管理するワークロードに割り当てられた IOPS

  • Guaranteed allocated IOPS = sum across all PSL workloads per resource of “expected IOPS”
  • Targeted allocated IOPS = sum across all PSL workloads per resource of “targeted IOPS”

PSL で管理されていないワークロードの場合、 IOPS は次のようになります。

  • Expected used IOPS = sum across all non-PSL workloads per resource of 75th historical IOPS  
  • Peak used IOPS = sum across all non-PSL workloads per resource of max historical IOPS

個々のリソースとその関連ワークロードの割り当て済み IOPS と使用済み IOPS の計算は、上記で定義した 2 セットの IOPS を組み合わせて行います。

  • Expected IOPS = Guaranteed allocated IOPS + Expected used IOPS
  • Targeted IOPS = Targeted allocated IOPS + Peak used IOPS

PSL ワークロードを介して割り当てられた IOPS は、個々のワークロードで継続的に使用されない可能性があるため、 SLO と SLA のオーバープロビジョニングの概念が導入され、 PSL 管理を通じて IOPS の過剰割り当ての問題を克服できるようになりました。具体的には、リソースごとに分析を使用して、リソースが現在提供している IOPS のタイプを模倣した最適な IOPS 量を判断します。最適な IOPS とオーバープロビジョニングの要因を組み合わせることで、リソースの全体的なパフォーマンス機能を推定できます

  • Resource optimal expected IOPS = SLA_Overprovisioning * Expected IOPS
  • Resource optimal targeted IOPS = SLO_Overprovisioning * Targeted IOPS

Resource optimal expected/targeted IOPS の見積もりでは、リソースの IOPS の割り当てを変更する要求を受信するたびに予算が作成されます。IOPS の割り当てを変更する要求は、既存のワークロードに対する新しいワークロードと PSL の割り当てをプロビジョニングすることです。新しい要求の結果がにResource optimal expected IOPS < Expected IOPSなった場合、要求を満たすために使用できる IOPS がないため、要求は失敗します。現在、予算編成サービスの結果を調整するには、オーバープロビジョニングの値を調整します。現在のオーバープロビジョニング値[1]は設定 MySQL テーブルに保存され、ネットアップのサポートからのみ調整できます。デフォルトのオーバープロビジョニング要因はSLA_Overprovisioning=4 、とSLO_Overprovisioning=10です。

追加情報

AdditionalInformation_Text