メインコンテンツまでスキップ

OnCommand Unified Manager のアラートを管理する方法

Views:
11
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

環境

  • OnCommand Unified Manager 7.3 以降( OCUM )
  • OnCommand Unified Manager 9.4 ( OCUM )
  • OnCommand Unified Manager 9.5 以降( OCUM )
  • Active IQ Unified Manager 9.6 ( AIQUM )
  • Microsoft Windows Server
  • VMware OVA
  • Red Hat Enterprise Linux(RHEL)
  • CentOS

注:Active IQ Unified Manager 9.6 では、古い OnCommand Unified Manager Web インターフェイスを使用します。

説明

  • このナレッジ記事は、ストレージ管理者が OnCommand Unified Manager でアラートを管理する際に役立つ情報を提供します。
  • 新しい Active IQ Unified Manager 9.6 でアラートを管理 する場合は、次のナレッジ記事を参照してください。
  • アラートは、クラスタ化されたストレージシステムの新しいステータス変更を管理者に通知するように設定されます。   
  • すでに既知のステータスまたは予測されるステータスのアラートを受信すると、管理者は関連するアラートを無効にできます。
  • 関連するアラートを無効にするか、特定のリソースをアラートから除外する必要がある場合があります。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device