メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

E シリーズ・ストレージ・システムのドライブの有効容量を教えてください。

Views:
13
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
e-series-santricity-storage-manager
Specialty:
esg
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

ESG

回答

E シリーズ・ストレージ・システムのドライブの有効容量を教えてください。

概要

ストレージアレイ内の各ドライブの一部は、構成情報と、エラーログや SANtricity OS (コントローラファームウェア)イメージなどのその他のタイプの情報を格納するために予約されています。このリザーブドスペースは、一般的に「 DacStore 」と呼ばれ、ボリュームグループおよびディスクプールにボリュームを作成するために使用できるストレージ容量を削減します。SANtricity OS 8.20 より前のリリースでは、各ドライブに 500MB のスペースが予約されていました。SANtricity OS 8.20 以降では、各ドライブに 5.5GB のスペースが予約されます。さらに、古い 500MB のエクステントでシステム構成を作成できるように、 8.20 の VG/DDP 作成に AllocateReservedSpace SMCLI フラグが追加されました。その結果、ユーザーデータの格納に使用できる容量は、各ボリュームグループまたはディスクプールの各ドライブで 5 GB 減少します。追加のリザーブ容量は、増加した情報のストレージに対応します。
: DacStore エクステントは、ボリュームグループおよびディスクプール内のドライブに対してのみ 5.5GB に拡張されます。DacStore エクステントは、 SSD キャッシュに使用されるドライブでは 500 MB のままです。

用語

  • Large DacStore Extent : 5.5GB の DacStore エクステント( 5.5 x 1024 x 1024 x 1024 バイト)
  • Legacy DacStore Extent : 500 MB の DacStore エクステント( 500 x 1024 x 1024 バイト)
  • SANtricity OS :ストレージコントローラファームウェア

「 SANtricity OS 8.20 」は、 SANtricity OS 8.20 以降のバージョンを暗黙的に参照します。同様に、「 SANtricity Storage Manager 11.20 」とは、 SANtricity Storage Manager 11.20 以降のバージョンを指します。

影響を受けるコントローラ

SANtricity OS 8.20 でサポートされるすべてのコントローラプラットフォーム:

  • E2600
  • E2700
  • E5400/EF540
  • E5500/EF550
  • E5600 / EF560 (既存のシステムを E5600 / EF560 コントローラにアップグレードした場合のみ)

使用可能な容量

DacStore エクステントは、ストレージアレイ内の各ドライブの使用可能容量を減らします。各ドライブの使用可能容量はストレージアレイプロファイルにレポートされ、 SANtricity Storage Manager によって使用されて、ストレージアレイに報告される未構成容量の合計を計算します。ボリュームグループまたはディスクプールが作成されると、メンバードライブの使用可能な容量を使用して、ボリュームグループまたはディスクプールの空き容量が報告されます。SANtricity OS 8.20 では、未割り当てドライブの使用可能容量は、未割り当てドライブごとにストレージアレイプロファイルで報告される未フォーマット容量よりも常に 500 MB 少なくなります。ボリュームグループまたはディスクプールにドライブが含まれるまで、リザーブ容量の増加は適用されません。ボリュームグループまたはディスクプールが作成されると、各メンバードライブの使用可能容量は、未フォーマット時の容量よりも 5.5 GB 少なくなります。そのため、ボリュームグループの空き容量は、未割り当てドライブの使用可能容量の合計を下回っています。レガシーボリュームグループおよびディスクプール(つまり、 8.20 以前の SANtricity OS で作成されたドライブ)の使用可能容量は、各ドライブで報告された未フォーマット時の容量よりも 500MB 少なくなります。

アップグレード

SANtricity OS の以前のリリース( 8.20 以前)からアップグレードする場合、既存のボリュームグループとディスクプールの容量は削減されません。具体的には、既存のボリュームのサイズは同じままで、既存のボリュームグループとディスクプールの空きエクステント容量は同じままです。アップグレード前にストレージアレイに存在していたボリュームグループおよびディスクプールのドライブでは、 DacStore エクステントは 500 MB のままです。アップグレード後に作成されるボリュームグループまたはディスクプール内のドライブ上の DacStore エクステントは 5.5GB になります。そのため、一部のボリュームグループおよびディスクプールのドライブでは DACStore エクステントが 500MB 、他のボリュームグループまたはディスクプールのドライブでは 5.5GB のストレージアレイを使用できます。アップグレード後に既存のボリュームグループまたはディスクプールを削除した場合、それらのドライブが新しいボリュームグループまたはディスクプールに追加されると、 DacStore エクステントは 5.5 GB に増加します。

追加情報

ここにテキストを追加します。