メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

ギガビットイーサネットフロー制御はどのように機能しますか。

Views:
36
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-7
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

Data ONTAP 7

回答

ギガビットイーサネットフロー制御の仕組み

データパケットを受信していて、受信バッファがほとんどなくなっているインターフェイスは、リンクパートナーに( XOFF )フレームを送信します。 pause on (Xoff) frame to its link partner.リンクパートナーはpause off、( XON )フレームを受信するか、タイムアウトが期限切れになるまで、データパケットの送信を停止します。フロー制御を有効にすると、一方のインターフェイスが他方のインターフェイスを過負荷にする可能性が軽減されます。  ポーズフレームは、そのインターフェイスに接続されているすべてのホストに影響を与えることがあります。  データフローを制御するには、フロー制御の代わりに TCP などの上位層プロトコルを使用することを推奨します。

ポーズフレームは、直接接続された 2 つのリンクパートナー間、つまりスイッチとエンドステーション間、またはバックツーバック接続された 2 つのエンドステーション間でのみ交換されます。一時停止フレームは、スイッチを介して接続された 2 つのエンドステーション間では交換されません。

一部のデバイスには、フロー制御フレームの送受信を可能にする設定オプションが 1 つあります。その他のデバイスには、送信と受信用に別々のオプションがあります。send(またはtransmit)が有効になっている場合は、デバイスがポーズフレームを送信することを意味します。receiveが有効になっている場合、デバイスは受信したポーズフレームに応答します。

Flow Control none (ディセーブル)を使用することを推奨しますが、ネットワークに接続するエンドデバイスで Send Flow Control をイネーブルにすることで、一部の利点を実現できます。  最新のスイッチハードウェアは、通常、標準の NIC よりも高速で動作し、追加のキューイングとバッファリングを利用できます。  スイッチreceive onをおよびsend offに設定し、クライアントをreceive offおよびに設定send onすることで、エンドデバイスはトラフィックフローを一時停止し、スイッチにバックプレッシャを作成できます。 

ギガビットインターフェイスが 100 Mbit クライアントに送信し、転送サイズが非常に大きい場合、フロー制御によって問題が解消されることはありません。回線速度と大きな転送サイズの違いにより、スイッチの発信 100 Mbit ポートでキューイングされるパケットが多すぎ、スイッチはパケットをドロップします。スイッチは、一時停止フレームをギガビットインターフェイスに送信できません。このインターフェイスは他のインターフェイスにも送信されている可能性があり、その結果、そのインターフェイスのパフォーマンスが低下する可能性があります。

Alteon Network Interface Card ( NIC; ネットワークインターフェイスカード)は、フロー制御をサポートしていません。また、イーサネットフロー制御は 1 Gbps インターフェイスの作成時に作成されたため、 100 Mbps 以上のデバイスではサポートされません。

追加情報

TR-3802 :イーサネットストレージのベストプラクティス

 

 

 

  • この記事は役に立ちましたか?