メインコンテンツまでスキップ

ONTAP 9.2 以降のバージョンではルートがどのように選択されますか?

Views:
173
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
network
Last Updated:

環境

ONTAP 9.2以降のバージョン

Answer

ONTAP は、条件が満たされていない場合に、ルート選択のために次の手順を実行します。一番上から下へ移動します。

  1. ONTAP は、宛先アドレスへの最も特定のルートを選択します
  2. ONTAP が最も限定的なルートとして使用するルートを複数検出し、そのソースLIFアドレスが認識されている場合(通常、LIFがデスティネーションと同じサブネット上にある場合に表示)
    • 可能であれば、そのLIFアドレスと同じネットワークにゲートウェイがあるルートを選択してください
      • この条件は、デスティネーションと同じサブネットにゲートウェイが見つかった場合に満たされます
    • else:ONTAP は、可能であればLIFのポートと同じルートを選択します 
      • この条件は、ソースLIFが割り当てられているポートと同じポートに関連付けられたルートがONTAP によって検出された場合に満たされます
    • それ以外:ONTAP では、可能であれば別のLIFアドレスと同じネットワークにゲートウェイがあるルートを選択します 
      • ONTAP 9.6以降では、この状況の環境 LIFおよびサービスポリシーが使用されます
      • この条件は、クライアントが特定のサービスを要求し、対象のLIFにルートがない場合に満たされます
        • ONTAP は、デスティネーションに到達できるLIFから応答を送信し、適切なサービスを使用して設定されます 
  3. ONTAP では、重み付きメトリックをタイブレーカーとして使用します

注: 

  • クライアントがONTAP にアクセスする際の、ONTAP とサーバの動作の違いは何もありません
  • ONTAP がクライアントとして機能する場合、さまざまな理由からサービスに到達するとき
  • 関係するクライアントまたはホストがデスティネーションです
  • 最も限定的なルートである場合は、リモートノード上のアウトバウンド接続(DNS、NIS、LDAP、ADなど)用のルートを選択できます
  • ローカルルートとリモートルートが等しく指定されている場合は、ローカルルートが優先されます 

追加情報

ルート選択の例
シナリオ1 - ONTAP は、同じサブネット上のデータLIFが原因で非同期ルート経由でサービスに応答します

Cluster::*> network route active-entry show -vserver vserver -node node-01  

Vserver: vserver 
Node: nas-cm93-01 
Subnet Group: 0.0.0.0/0 
Destination             Gateway              Interface   Metric  Flags 
----------------------  -------------------  ---------   ------  ----- 
10.216.29/24            link#3               e0c             60  U 
172.16.1/24             link#4               e0d             60  U 
default                 10.216.29.1          e0c             65  UGS 
default                 172.16.1.1           e0d             67  UGS 

  • TCP接続は、クライアント172.16.1.50からFilerのLIFに対して10.216.29.25に行われます。 
  • リターンパケットを送信するには、ONTAP で最も特定のルートを選択する必要があります。 
  • この場合の最も具体的なルートは、e0d上の直接接続されたルートです。 
  • この場合、トラフィックは非対称にルーティングされ、10.216.29/24ネットワークのe0cインターフェイスを介して入力され、172.16.1/24ネットワークのe0dを経由して出力されます。 
シナリオ2 - ONTAP は、設定されている競合するルートを介してサービスに応答します

cluster::*> network route active-entry show -vserver vserver -node node-01        
  
Vserver: vserver 
Node: nas-cm93-01 
Subnet Group: 0.0.0.0/0 
Destination             Gateway              Interface   Metric  Flags 
----------------------  -------------------  ---------   ------  ----- 
10.216.29/24            link#3               e0c             60  U 
172.16.1/24             10.216.29.1          e0c             65  UGS 
172.16.1/24             link#3               e0d             60  U 
default                 10.216.29.1          e0c             65  UGS 
default                 172.16.1.1           e0d             67  UGS 

  • クライアント172.16.1.50からLIF IP 10.216.29.25への同じ接続が作成される
  • ただし、ストレージ管理者は、10.216.29.1ゲートウェイを指す172.16.1.24の競合ルートを追加しました
  • ONTAP は、宛先(172.16.1.50)への最も固有なルートを検出すると、2つのエントリを検出します 
    • 最初のルートは、送信元アドレス10.216.29.25と同じサブネット内のゲートウェイへのルートです
    • 2つ目は、直接接続されたルートe0dです

Destination             Gateway              Interface   Metric  Flags 
----------------------  -------------------  ---------   ------  ----- 
172.16.1/24             10.216.29.1          e0c             65  UGS 
172.16.1/24             link#3               e0d             60  U 

  • 上記のルールを使用して、ONTAP は送信元アドレスと同じネットワークにゲートウェイがあるルートを選択し、e0cからゲートウェイ10.216.29.1にトラフィックを送信します 
  • これにより、非対称ルーティングが回避されます 
シナリオ3 - ONTAP は、設定されたルート経由でサービス要求を送信します
  • ONTAP は、172.16.1.0/24ネットワーク内のDNSサーバに接続する必要があります 
  • ルーティングテーブルは同じで、ONTAP は同じルーティング決定を行います

Destination             Gateway              Interface   Metric  Flags 
----------------------  -------------------  ---------   ------  ----- 
172.16.1/24             10.216.29.1          e0c             65  UGS 
172.16.1/24             link#3               e0d             60  U 

  • この場合、ONTAP は指標が低いため、直接接続されたルートをe0dから選択します
  • これはシナリオ2とは異なる理由です。シナリオ2では、特定のLIFで要求に応答する代わりに、ONTAP が接続を開始するため、指定のソースアドレスが割り当てられていません

 

Scan to view the article on your device