メインコンテンツまでスキップ

CPU 使用率の測定

Views:
45
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8 
  • Data ONTAP 8 7-Mode 
  • Data ONTAP 7 以前 

回答

システム全体のビューの一部として、コマンドラインを使用して CPU 利用率をリアルタイムで表示します。

clustered Data ONTAP: 

netapp::> set diag
Warning: These diagnostic commands are for use by NetApp personnel only.
Do you want to continue? {y|n}: y
netapp::*> node run -node netapp-01 sysstat -M 1
ANY1+ ANY2+ ANY3+ ANY4+ ANY5+ ANY6+ ANY7+ ANY8+ ANY9+ ANY10+ ANY11+ ANY12+ ANY13+ ANY14+ ANY15+ ANY16+  AVG 
 100%  100%  100%   99%   98%   96%   94%   91%   86%   81%   76%   70%   64%   57%   48%   37%   81%

CPU0 CPU1 CPU2 CPU3 CPU4 CPU5 CPU6 CPU7 CPU8 CPU9 CPU10 CPU11 CPU12 CPU13 CPU14 CPU15 
 78%  76%  77%  83%  82%  83%  82%  82%  82%  82%   83%   84%   83%   82%   83%   82% 

Nwk_Excl Nwk_Lg Nwk_Exmpt Protocol Cluster Storage Raid Raid_Ex Target Kahuna WAFL_Ex(Kahu)
    3%    2%    450%     0%    0%    49%   2%   136%    0%    4%   511%( 94%) 

WAFL_XClean SM_Exempt Cifs Exempt SSAN_Ex Intr Host  Ops/s   CP
     0%     0%   0%   112%    0%  28%   8%  47111   0%

この例では、 16 コアの平均 CPU 使用率は 81% です。  

最もビジーなドメイン:

  • WAFL は 511 % で免除されています
  • 450 % でネットワーキングが免除されています
  • 136% で RAID 免除、 112% で免除。
  • WAFL は、サンプル間隔の 98% でアクティブになり、シリアル処理に 4 % 、並列処理に 94 % 使用されました。 
  • WAFL のシリアル処理はかなり低いため、並列化された WAFL によってより多くの処理を完了できる可能性があります
  • サンプル間隔内で 98% のアクティブ化が問題になることはありませんが、他の寄与パフォーマンス指標がない場合は問題になりません。
  • CPU リソース全体が不足しており、 CPU のワークキューが増える可能性があり、クライアントのレイテンシに影響を及ぼす可能性があります。
Data ONTAP 7-Mode

netapp> priv set diag
netapp*> sysstat -M 1
ANY1+ ANY2+ ANY3+ ANY4+  AVG  CPU0 CPU1  CPU2  CPU3
93%    80%  36%   15%    56%  38%   32%  82%   72%

Nwk_Excl Nwk_Lg Nwk_Exmpt Protocol Cluster Storage Raid Raid_Ex Target Kahuna
1%         68%    1%       0%      0%      4%     0%  19%      0%    11%

WAFL_Ex(Kahu) WAFL_XClean SM_Exempt Cifs Exempt SSAN_Ex Intr Host Ops/s  CP
80%( 75%)      14%        0%     0%   24%    0%     1%    1%   0    83%

この例では、平均的な CPU 使用率は 56% で、 NWK_LEGACY ドメイン(最大同時実行数は 1 )は 68% です。

  • Kahuna は WAFL のボトルネックについて分析するために 11% 、 WAFL_Ex 75% 、つまり 86% です。
    • 100% 未満であるため、ボトルネックにはなりません。ただし、 100% に近づいている場合でも、他のパフォーマンス指標がないと問題にならない可能性があります。
  • CPU (論理および物理)利用率は Data ONTAP によって公開されますが、 CPU 利用率は、システム全体のパフォーマンスを評価する際の第一の指標としては使用しないでください。
    • 代わりに、要求されたユーザ作業に関連付けられた入力と出力が、最初の順序付けメトリックになります。
  • 処理中の作業の実際のレイテンシ(応答時間)と、 I/O 要求またはバイト(スループット)を基準に処理される処理数に焦点を当てることを推奨します。
  • このパフォーマンス測定値は、特定のワークロードに関連し、論理 CPU と物理 CPU のさまざまなスケジューリングバリエーションを抽象化したものです。

追加情報

AdditionalInformation_Text