メインコンテンツまでスキップ

ONTAP 9.10.1以降のライセンスの概要

Views:
199
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

ONTAP 9.10.1以降

回答

9.9.1以前 のバージョンのライセンスについては、『ONTAP 8.2 to 9.9.1』を参照してください。

ライセンスの更新の概要

  • FAS/AFFストレージシステム向けのONTAP 9.10.1以降 では、新しいファイルベースのライセンス解決策 が使用されて、ノード単位のONTAP 機能(CIFS、SnapMirrorなど)が有効になります。  新しいライセンスキーの形式は、「ネットアップライセンスファイル」または「NLF」と呼ばれます。

以前のバージョンのONTAP では、個々の機能のみを有効にした28文字のキーが使用されていました。  ONTAP 8.3.9.9ライセンスの詳細については 、「Data ONTAP ライセンス」を参照してください

  • NLF形式は「バンドル」ライセンスをサポートしています。つまり、1つのNLFで1つ以上の個別の機能を有効にできます。たとえば、機能ごとに個別のライセンスキーを受け取るのではなく、ONTAP コアバンドルのNLFを1つだけ取得します。
  • NLF形式では、複数のノードベースのライセンスモデル(「容量」ベースのライセンスや「有効」ライセンスなど)がサポートされます。  各モデルでどのONTAP 機能が販売されるかについては、パッケージ化の詳細を参照してください。
  • 無停止アップグレードとコントローラFRUの交換プロセスは変更されません。  ただし、従来のライセンスキーをNLF形式に変換し、都合の良いときに新しいNLFをインストールすることをお勧めします。(将来のアップグレードでは、NLF形式を使用する必要がある場合があります)。
  • 従来のライセンスキーは、ネットアップサポートサイトのセルフサービスツールを使用して新しいNLF形式に変換できます。  詳細については、次のビデオを参照してください。ONTAP 9.10のライセンスファイル-ネットアップサポートサイト
サポートされているライセンスタイプ
  • ONTAP 9.10.1以降のライセンスでは、次のライセンスタイプがサポートされます(*= New)。
  • Enabled *(ノードロック):組み込みの機能がノードで有効になり、システム上のすべてのデータを管理できます(例:暗号化バンドル)。
  • 容量*(ノードロック):TibiBytes(TiB)で測定したシステム上の特定の量のデータを管理するための組み込み機能(例:Data Protection Bundle)。
  • 容量-期間クラスタロック):含まれる機能を使用して、一定期間の測定値をテラバイト(TB)で測定したクラスタの特定の量のデータ(例:ハイブリッドクラウドバンドル)を管理できます。
  • 評価:対象に含まれる機能を一定期間(期間)にわたって有効にし、非本番環境の任意のホストノードまたはクラスタのONTAP 機能を評価できます
システムへのストレージの追加
  • 「容量」ライセンスの場合、容量値はシステムの合計ストレージ容量に基づいて決定されます。
  • 販売時点で、システム容量はシステムの各容量ライセンスレコードに記録されます。  たとえば、10TBのストレージ容量を搭載したシステムを購入した場合、そのシステムのすべての容量タイプライセンスの容量は10TBに制限されます。
  • システムの特定のシリアル番号を購入したあとにストレージを追加で購入した場合は、ユーザが容量ベースのライセンスを再生成してシステムに適用することを推奨します(必須ではありません)。  これにより、System Managerで新しい合計ライセンス容量の値が表示されます。
無停止アップグレード

ONTAP 9.8.xまたは9.9.xを実行しているシステムでは、システムライセンスを変更することなく、ONTAP 9.10.1以降への無停止アップグレードがサポートされます。

:将来のリリースでは、アップグレードにNLFが必要になる予定です。したがって、ライセンスをNLFに変換し、できるだけ早くシステムに新しいNLFをインストールすることをお勧めします。  ネットアップサポートサイト(NSS)でライセンスを変換することもできます。  このビデオでは、方法を確認できます。 ONTAP 9.10のライセンスファイル-ネットアップサポートサイト

コントローラFRUの交換(障害が発生したコントローラの交換)

コントローラFRUの交換プロセスが更新され、従来の28文字のキーとともにNLFライセンスが含まれるようになりました。  交換用コントローラの出荷時に、新しいシリアル番号には両方のライセンスタイプが割り当てられるため、ユーザは任意のバージョンのONTAP を使用してシステムを導入できます。  ユーザーは、NSSから新しいシステムシリアル番号のライセンスを取得し、90日以内(現在と同じ)に交換用コントローラに適用する必要があります。

コントローラのアップグレード(AFF A700からAFF A900など)
  • コントローラのアップグレードを購入した場合は、既存のシステムシリアル番号を入力する必要があり、そのシステムの既存のライセンスが特定されます。  同等のライセンスは、新しい(アップグレード)システムシリアル番号に割り当てられ、セールスオーダーが満たされるとNSSで利用できるようになります。
  • PCMアップグレードを実装する場合は、NSSに移動してPCMシリアル番号の新しいライセンスを取得し、システムの起動時に インストール します。 
  • 既知の問題 により、新しいシリアル番号のNLFの容量値は「1」になります。これはディスプレイ問題 のみであり、製品の動作には影響しません。
ライセンスと「パッケージング」
  • ライセンスとは、ソフトウェア機能を有効にするために使用されるテクノロジのことです。  「パッケージング」とは、個々の機能を個別に販売する場合と「バンドル」で販売する場合のことです(つまり、複数の機能を使用できる単一のライセンス)。

注:すべてのプラットフォームですべてのライセンスを使用できるわけではありません。詳細については、製品ドキュメントを参照してください。

ライセンスキーの変換
  • すでに導入されているほとんどのFAS/AFFコントローラは、「レガシー」ライセンスキーで動作しています。  これらは、ONTAP 8.3~9.4.1で機能ごとに1つずつ発行された28文字のライセンスキーです。
  • 「レガシー」ライセンスを新しいNLF形式に変換するには、NSSにログインし、「ソフトウェアライセンス」ページでコントローラのシリアル番号を検索して、「適格性の確認」リンクをクリックします。  詳細については、次のビデオを参照してください。 ONTAP 9.10のライセンスファイル-ネットアップサポートサイト
  • 9.10.1より前のONTAP でクラスタを設定する場合に使用するNLF形式を「レガシー」ライセンスに変換するには、次の手順を実行します。
    • My Support Siteにログインします。
    • [システム] メニューを選択します。
    • [ソフトウェアライセンス ]オプションを選択します。
    • [対象のチェック]を参照するリンクがある列を探します(その列が表示されない場合は、[表示設定]ドロップダウンメニューを使用して有効にする必要があります)。
    • そのリンクをクリックすると、以降の画面でライセンスキーの変換処理が開始されます。 
FAQ

Q:コアバンドルまたはデータ保護バンドルのライセンスに、想定されるテラバイト(容量)を超える制限が表示されるのはなぜですか。

A:ライセンス容量の値が表示されることがわかっている問題 があります。  全体的なストレージ容量が大きいシステムでは、ライセンス容量の値が正しく表示されません。  この問題 は保留中のリリースで対処されています。  参照 :ONTAP 9.10.1 Licensing:容量ライセンスの値が不正確です

Q:9.10.1以降を実行している28文字のキーを使用して既存のクラスタに新しいNLFライセンス形式のノードを2つ追加するとしたらどうなりますか。

A:キー混在環境が完全にサポートされています。  各ONTAP NLFには、有効にする機能のリストが含まれています。このリストは、従来のキーで個別に有効にできるものと同じです。  たとえば、Core Bundle NLFでは、9.9.1以前のバージョンでレガシーキーが有効になるのと同じプロトコルが有効になります。

追加情報

AdditionalInformation_Text

 

Scan to view the article on your device