メインコンテンツまでスキップ

既存のアグリゲートにディスクを追加する場合のベストプラクティスを教えてください。

Views:
69
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
core
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • clustered ONTAP 8.x
  • ONTAP 9

回答

警告:この記事はハードドライブディスク( HDD )アグリゲートに該当しますが、再割り当ては SSD アグリゲートまたはハイブリッド( FlashPool )アグリゲートには実行しないでください。

 

パフォーマンスを最適化するには、既存の RAID グループに同じサイズの新しい RAID グループを追加することをお勧めします。新しい RAID グループを追加できない場合は、少なくとも 3 つ以上のディスクを同時に既存の RAID グループに追加する必要があります。これにより、ストレージシステムは複数のディスクに新しいデータを書き込むことができます。

また、アグリゲート全体の RAID ストライプレイアウトを均一にするには、再割り当てを行う必要があります。それ以外の場合、すべての新規書き込みが新しいディスクに送信されます。

再割り当てはどのように実行する必要がありますか。

強制的再配置では、通常の再配置プロセスとは異なり、最適化しきい値は無視され、データがディスクに完全に書き換えられます。レイアウトは改善さreallocate -fれますが、レイアウトが均一でないことがわかっているディスクを追加する場合を除き、の日常的な使用はベストプラクティスではありません。また、すべてのデータが最適化されるため、物理的な再配置方法( -p )も使用しないかぎり、既存の Snapshot コピーがあるボリュームに対して強制的な再配置を実行することはできません。
  • 7-Mode reallocate -f -o -p /vol/volname
  • clustered ONTAP 9 : reallocate start -vserver svm0 -path /vol/vol1 -once true -space-optimized true -no-check true

再割り当てActive IQ Unified Manager アラート: High Node Utilization Fragmentationはアグリゲートレベルで実行できますが、多くの場合、ディスクサイクルにコストがかかり、数日から数週間かかることがあります。代わりに、測定されたアプローチは、最も使用量が多いボリュームを最初に実行し、そのボリュームの中で最も静かなものになるようにすることです。一度に 1 つのジョブを実行でき、パフォーマンスのオーバーヘッドがある場合はもう 1 つ追加できます。

: Active IQ Unififed Manager をアグリゲートの下に表示し、パフォーマンスとパフォーマンスの下のノードを確認して、午後 5 時以降や週末などの最も静かな時間を判断することを推奨します。再割り当てによって追加のオーバーヘッドが発生するため、この点を考慮する必要があります。ジョブあたりのパフォーマンスオーバーヘッドは 10~30% ですが、これは概算値であり、処理にかかる時間はほとんどありません。