メインコンテンツまでスキップ

ONTAP クラスタを再配置する際のベストプラクティスを教えてください

環境

  • Data ONTAP 9
  • AFF / FAS の略
  • クラスタの物理的な再配置に関するベストプラクティスです。

回答

ノードの電源をオフにします
  • 移動する前に、すべてのクライアントをディスマウントし、 Network File System ( NFS )を無効にして、 Common Internet File System Protocol ( CIFS )を終了します。
  • 次に、ボリューム Snapshot と- a整合性のあるファイルシステムのコピーを作成します。
  • 移動する前にノードをリブートし、リブート AutoSupport が送信されたことを確認してください。これは、インストール先でのブート時の問題のトラブルシューティングに役立ちます。
  • ノードを停止します。
  • 電源をオフにして周囲温度に達します。
  • ノードから電源を取り外します。
  • 次に、シェルフの電源をオフにします。
  • パワーアップ / シャットダウンフェーズ:最初の移動のパワーオフと最後の移動のパワーオフ。
梱包、移動、開梱
  • ノードはキャビネット内またはラック内に設置されていますか。
    シェルフ同士を積み重ねないラックでは、シェルフ / ドライブキャニスターが圧縮されます。
  • すべての機器を衝撃吸収材に移動する必要があります。つまり、ヘッドやノードを木製台車に載せたり、フォームを下に置きます。
  • 新しいデータセンター / ロケーションは、 RH 、 POWER 、および HVAC で確認されていますか?
  • 変更がある場合は、新しいサブネットを反映するように RC ファイルを変更する必要があります。
  • ノードの移動と開梱について、最低 3 人の作業員を確保します。
  • カートがノードの移動に使用されている場合は、カートにゴムホイールがあることを確認してください。
  • ノードをサイトに配送するときに使用したクレートを、移動用のノードの再梱包に使用することを推奨します。
  • ノードを梱包したあと、クレート内に十分なバッファパッキングがあることを確認します。
  • ノードの近くでは、どのような種類の Thermocol も使用しないでください。
  • ノードヘッドとディスクシェルフのネジを確認してから、ノードキャビネットをクレートに梱包します。これは、シフト中に動く可能性のあるルーズパーツをチェックするためです。
  • パックされたノードを複数のレベルに移動する場合は、高いパワーリフトを使用することをお勧めします。
新しいサイトで電源をオンにします
  • ノードとシェルフが以前と同じように接続されていることを確認します
  • ネジとケーブルが正しいことを確認します タイト
  • 最初にシェルフの電源をオンにします
  • ノードの電源をオンにします
  • DNS が修正されていない場合、変更があった場合に新しい IP 範囲を表示するために、ノードは DNS 名の解決を試みてハングします。
  • 移動前に新しいサイトで名前 / IP 解決の検証を個別に設定します。
  • ノードを新しいネットワークに移動する前に、次の点を確認してください。
    • クライアントは互いに ping を実行できる(client <-> client ping
    • nslookup 、 tracert 、およびで名前解決が正常に機能しています
    • 外部client<-outside world pingからクライアントに ping を実行することで、ゲートウェイは正常に動作しています () 。
  • 周囲温度に達するまで電源を入れます
  • 本番環境に移行する前に、すべてが稼働していることを確認します。

 

Scan to view the article on your device