メインコンテンツまでスキップ

NetApp_Insight_2020.png 

FCP Partner Path Misconfigured メッセージの意味は何ですか。

Views:
10
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
data-ontap-8
Specialty:
san
Last Updated:

すべてのとおり  

に適用されます

  • SAN
  • Data ONTAP 8 7-Mode
  • Data ONTAP 7 以前

回答

AutoSupport メッセージ: FCP パートナーパスが正しく設定されていません

syslog および EMS メッセージ
[hostname: scsitarget.partnerPath.misconfigured:error]: FCP Partner Path Misconfigured.
[hostname: scsitarget.partnerPath.misconfigured:error]: FCP Partner Path Misconfigured - Host I/O access through a non-primary and non-optimal path was detected.


の用語

  • パートナーパス:パートナーノードを使用してローカルノードでホストされている LUN にアクセスする LUN へのパス。  LUN はアクティブ - アクティブクラスタ内にあります。
  • 非プライマリパス:パートナーパス、プロキシパス、およびセカンダリパスと同義です。  すべてが非プライマリパスの例です。
  • FCP ターゲットポート: FCP サービスをホストに提供するファイバチャネルインターフェイス。
  • Virtual Target Interconnect ( VTIC ):イニシエータグループリストに表示される仮想 FCP ターゲットインターフェイス。VTIC は、イニシエータがセカンダリパスにアクセスできることを示すために使用されます。


問題の説明
NetApp アクティブ - アクティブクラスタストレージコントローラでは、クラスタの両方のノードの FCP ポートを介して LUN にアクセスできます。通常の状況では、ホストは LUN をホストするクラスタノードのポートを介してのみ LUN にアクセスします。LUN をホストするクラスタノードのポートを利用する I/O パスは、プライマリパスまたは最適化されたパスと呼ばれます。パートナークラスタノードを利用する I/O パスは、セカンダリパス、パートナーパス、または最適化されていないパスと呼ばれます。LUN には、プライマリポートが使用できない場合にのみ、パートナークラスタノードからアクセスする必要があります。

セカンダリパスを使用した LUN への I/O アクセスは、次のいずれかまたは両方の条件を示します。ホストとストレージコントローラ間のプライマリパスに障害が発生したか、ホスト MPIO ソフトウェアが正しく設定されていません。これらの状態は、 SAN の冗長性とパフォーマンスが低下していることを示しています。ストレージコントローラへのプライマリパスを復元するには、ただちに対応処置を取る必要があります。

状況によっては、 MPIO パス管理操作や、 LUN のステータスチェックを実行するホストクラスタリングソフトウェアなど、 I/O 以外のアクティビティによっても、このエラーが発生することがあります。これらの状況のいずれかがエラーのトリガーに責任を負うと判断された場合は、このアクティビティを減らす手順を実行するか、トリガー条件のカスタムしきい値を指定できます。Data ONTAP 7.2.2 以降では、読み取り処理と書き込み以外の処理では、このエラーメッセージは表示されません。

FCP パートナーパスの設定ミスエラーは、ストレージコントローラのブート、ストレージコントローラクラスタのテイクオーバー、ギブバック処理、またはホストのリブート後に発生することがあります。これらのエラーは正常なもので、ホストの MPIO ソフトウェアが変更されたパスステータスを検出すると、通常は修正されます。これらのエラーが連続していない場合は無視されることがあります。Data ONTAP 7.2.2 以降のリリースでは、ストレージコントローラのブート後、クラスタのテイクオーバーまたはギブバック処理後に、このエラーが誤ってトリガーされるのを防ぐための機能が拡張されています。

FCP Partner Path Misconfigured メッセージのトリガーを制御するしきい値を調整して、スプリアスや不要な発生を回避することを推奨します。ストレージコントローラクラスタの両方のノードで次のコマンドを発行してください。

options lun.use_partner.cc.warn_limit 300
options lun.use_partner.cc.bytes 2457600


最初のオプションでは、時間間隔が 10 秒から 300 秒に増加し、 2 番目のオプションでは、転送されたバイト数のしきい値が 512000 バイトから 2457600 バイトに増加します。  
これらの変更を行っても警告メッセージが表示される場合は、このドキュメントの残りの部分に記載されている手順に従ってください。

次の図は、プライマリパスと非プライマリパスを介した I/O アクセスを示しています。

 

影響
を受ける LUN とホストを特定する次の手順では、エラーをトリガーする I/O アクセスを識別するための手順を示します。I/O アクセスを識別するプロセスは、パートナーノードの FCP ターゲットポートを介して I/O を受信する LUN を識別することから始まります。LUN が識別されたら、次の手順で I/O を実行しているイニシエータを特定します次に、 LUN をホストするストレージコントローラ上の FCP ターゲットポートを特定します。ホストは、ストレージコントローラクラスタの各ノードの少なくとも 1 つのポートにアクセスできる必要があります。ホストイニシエータとプライマリ FCP ターゲットポートが特定されたら、ファブリックの接続状態と機能を検査し、最終的にホストのマルチパス構成を検査して正常に動作するかどうかを確認できます。 

  1. パートナーノードの FCP ターゲットポートを介してアクセスされる LUN を特定します。
    a.lun stats -o( LUN 統計)
  2. パートナーパスを介して I/O を実行しているホストイニシエータを特定します
    1. lun config_check -A ( LUN Config Check ):出力は AutoSupport で表示された場合にのみ有効です
    2. lun show -v  ( LUN 構成)
    3. igroup show -v  (イニシエータグループ)
  3. LUN へのアクセスに使用できるプライマリストレージコントローラの FCP ターゲットポートを特定します。
    1. fcp show cfmode  ( FCP cfmode )
    2. fcp show adapters  ( FCP ターゲットアダプタ)
  4. ホストイニシエータとプライマリ FCP ターゲットポートの接続およびホスト MPIO ソフトウェアの設定を確認します。
  5. パートナーパスの使用が両方のクラスタノードから停止したことを確認します。
    sysstat -b 1

 プロシージャとサンプルデータ

  1. パートナー・ノードの FCP ターゲット・ポート経由でアクセスされる LUN と処理のタイプを特定します。

    エラーしきい値は、読み取り / 書き込みのキロバイト数、または実行された読み取り / 書き込み以外の処理の数によってトリガーされる場合があります。読み取りおよび書き込み以外の SCSI 処理の例としては、 Inquiry 、 Persistent Reserve 、 Report LUN 、 Test Unit Ready があります。Data ONTAP 7.2.2 以降のリリースでは、読み取り処理と書き込み処理以外の処理ではこの警告はトリガーされません。

    AutoSupport の LUN Statistics セクションには、 LUN ごとのローカルパスとパートナーパスの両方の読み取り処理と書き込み処理が表示されます。この出力は、コマンドlun stats -oを使用して取得することもできます。カウンタをゼロにするにlun stats -zは、コマンドを使用します。このコマンドは、カウンタが増加する頻度を決定するのに役立ちます。の出力lun statsに、しきい値を超えたカウンタがないことが示される場合があります。  この場合、パートナーパスによってアクセスされている LUN は、パートナーノードに存在することがあります。影響を受ける LUN が特定されたら、手順 2 に進み、責任を持つホストを見つけます。

    lun stats -oAutoSupport からの出力例

    ===== LUN STATISTICS =====
    /vol/esx_luns/guest001.lun  (32 minutes, 39 seconds)
        Read (kbytes)   Write (kbytes)  Read Ops  Write Ops  Other Ops  QFulls  Partner Ops Partner KBytes
        13510011357     12648494826     707504214 932701251  251651     0       263445977   2123914089


    :上記の例では、パートナーの OPS とパートナーの KB の両方が、指定した時間間隔でしきい値を超えています。この方法で LUN にアクセスするホストを特定し、アクセスの理由を評価する必要があります。アクセスを制限するか、ホスト MPIO ソフトウェアを調整して、パートナーパス経由でのアクセスを試行しないようにすることができます。
     
  2. パートナーパスを介して I/O を実行しているホストイニシエータを特定します。
     
    手順 1 で特定した LUN を使用して、イニシエータグループマッピングを使用して LUN 構成を相互参照し、疑わしいイニシエータを特定します。この情報lun show -vは、 AutoSupport の「 LUN Configuration 」セクションおよびコマンドを使用して確認できます。LUN のイニシエータ・グループが識別igroup show -vされると、そのイニシエータ・グループのメンバーであるイニシエータ WWPN が AutoSupport セクションのイニシエータ・グループに表示され、コマンドを使用して確認できます。

    lun show -vigroup show -vAutoSupport の例と使用例

    ===== LUN CONFIGURATION =====
     /vol/esx_luns/guest001.lun          2.0t (2194459852800) (r/w, online, mapped)
      Comment:
      Serial#: XXXXXXXXX
      Share: none
      Space Reservation: enabled
      Multiprotocol Type: linux
      Maps: igroupA=0 igroupB=0

    ===== INITIATOR GROUPS =====
        igroupA (FCP) (ostype: vmware):
            21:00:00:e0:8b:92:da:ef (logged in on: 0a, vtic)
        igroupB (FCP) (ostype: vmware):
            21:00:00:e0:8b:82:d0:09 (logged in on: 0c, vtic)


    :この例では、 lun/vol/esx_luns/guest001.lun は、 2 つのイニシエータグループ、つまり、 iGroup と iGroup にマッピングされています。各イニシエータグループには 1 つの WWPN が含まれこれらの WWPN は、導入環境に応じて、同じホスト上または異なるホスト上の異なるポートに属しています。  イニシエータグループで識別された WWPN は、非プライマリパスを介して LUN にアクセスしている可能性のある疑いのあるイニシエータのリストで構成されます。  この疑わしいイニシエータのリストは、ステップ 4 で確認する必要があります。

    疑わしいリストを減らすために、 Data ONTAP 7.2.2 以降のリリースでは、パートナーパスを使用して I/O アクセスを実行するイニシエータのリストが提供されます。この情報lun config_check -Aは、 AutoSupport の LUN Config Check セクションおよびコマンドの出力に記載されています(注意: LUN Config_Check – A の出力は、 AutoSupport に含まれている場合にのみ有効です)。パートナーパスを介しlun config_check -vたイニシエータアクセスの一覧表示に加えて、では、その他のさまざまな設定ミスをチェックして表示します。出力に表示される問題は、先に進む前に解決する必要があります。

    lun config_check -AAutoSupport の例

    ===== LUN CONFIG CHECK =====

    The following FCP Initiators are sending Read/Write i/o over the
    FCP Partner Paths during the last 15 seconds
    WWPN                      Partner's Port       ops         bytes
    21:00:00:e0:8b:25:0c:10               0c        34         17408
    21:00:00:e0:8b:25:03:66               0c       186       1117696
    21:00:00:e0:8b:25:0c:18               0c      1618      10866688
    21:00:00:e0:8b:25:0b:b0               0c      1693      13290496


    :この例では、 4 つのイニシエータがパートナーパスを介して LUN にアクセスしています。MPIO パス管理では、ある程度の処理量が許容され、正常な動作です。オペレーション数の多いイニシエータとバイト数の多いイニシエータは、 MPIO 構成の問題を調査する必要があるイニシエータです。 
     
  3. LUN へのアクセスに使用できるプライマリストレージコントローラの FC ターゲットポートを特定します。

    アクティブ / アクティブ・ストレージ・コントローラ構成では、プライマリ・ポートとセカンダリ・ポートは、使用するクラスタ・フェイルオーバー・モード( cfmode )によって異なります。たとえば、 single_image cfmode を使用すると、各 FC ターゲット・ポートを、ローカル・ノードでホストされている LUN へのプライマリ・パス・アクセス、およびパートナー・ノードでホストされている LUN へのパートナー・パス・アクセスに使用できます。cfmode およびポート構成の詳細[1]については、ご使用の Data ONTAP バージョンの『 Data ONTAP ブロック・アクセス管理ガイド』を参照してください。

    cfmode は、コマンドfcp show cfmodeを使用して識別できます。  また、 AutoSupport の FCP cfmode セクションにも記載されています。 

    ===== FCP CFMODE =====
    fcp show cfmode: single_image

     
    FCP ターゲット・ポートfcp show adapterは、コマンドおよび AutoSupport セクションの FCP ターゲット・アダプタを使用して表示できます。

    この例cfmode single_imageは、を使用する場合のターゲットアダプタを示しています。single_image cfmodeを使用する場合、どちらのポートもローカルノードとパートナーノードの両方でホストされている LUN にアクセスするために使用できます。

    > fcp show adapters
    Slot:                    0c
    Description:             Fibre Channel Target Adapter 0c (Dual-channel, QLogic 2322 (2362) rev. 3)
    Adapter Type:        Local
    Status:                  ONLINE
    FC Nodename:             50:0a:09:80:86:17:c3:ac (500a09808617c3ac)
    FC Portname:             50:0a:09:81:96:17:c3:ac (500a09819617c3ac)

    Slot:                    0d
    Description:             Fibre Channel Target Adapter 0d (Dual-channel, QLogic 2322 (2362) rev. 3)
    Adapter Type:            Local
    Status:                  ONLINE
    FC Nodename:             50:0a:09:80:86:17:c3:ac (500a09808617c3ac)
    FC Portname:             50:0a:09:82:96:17:c3:ac (500a09829617c3ac)
  1. パートナーパスの使用が両方のクラスタノードから停止したことを確認します。

    sysstat -b 1このコマンドは、 SAN 関連のサマリーパフォーマンスカウンタを監視するために使用できます。「パートナー」カウンタは、パートナーパスを使用する I/O 処理とデータ転送を監視します。これらのカウンタを監視することで、パートナーパストラフィックの送信元が修正されたことを確認できます。パートナーパストラフィックが両方のノードからクラスタに入る可能性があるため、両方のクラスタノードからパートナーパスアクセスを確認してください。

    CPU   FCP iSCSI Partner  Total    FCP   kB/s   iSCSI   kB/s Partner  kB/s   Disk  kB/s   CP   CP Disk
                                       in    out      in    out      in   out   read write  time  ty util
     0%     0     0       0      0      0      0       0      0       0     0      8    24    0%  -    2%
     0%     0     0       0      0      0      0       0      0       0     0     16     8    0%  -    1%
     0%     0     1       0      1      0      0       1      0       0     0      0     0    0%  -    0%

関連リンク: