メインコンテンツまでスキップ

NetApp wins prestigious Coveo Relevance Pinnacle Award. Learn more!

INSIGHT Japan :2023年 1月25日(水)ANAインターコンチネンタルホテル開催 へ参加・申込を行う

オーバーコミットされたアグリゲートとは何ですか。

Views:
135
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8
  • Data ONTAP 7-Mode
  • アグリゲート

追加情報

  • オーバーコミットされたアグリゲートとは何ですか。
  • ボリューム上に利用可能なスペースが表示されるのに、デバイス上にスペースが残っていないことを Filer から通知されるのはなぜですか。
  • ボリュームギャランティを有効にする必要があるのはなぜですか?
  • アグリゲートで実際に使用されているスペースを確認するにはどうすればよいですか?

回答

オーバーコミットされたアグリゲートとは何ですか。

オーバーコミットされたアグリゲートとは、ボリュームに割り当てられた合計スペースが包含アグリゲートで許容されるスペースを超えているアグリゲートのことです。この状況は、ボリュームギャランティがオフになっている場合に発生します。この場合、ボリュームの消費スペースには、そのボリューム内のデータ量のみが反映されます。したがって、ユーザが 100GB としてボリュームを作成し、ボリューム内の 20GB しか設定していない場合、 df -A では、ボリュームギャランティが有効でない場合、そのボリュームは 20GB に設定されます。ギャランティが有効になっている場合、そのボリュームは 100GB を使用していると表示されます。

例:
ボリューム「 test 」を作成する前
df -A -h

Aggregate             total     used     avail     capacity
aggr1                 705GB     51GB     654GB     7%

aggr1/.snapshot       37GB    133MB    37GB    0%

ギャランティを設定せずに 100GB のボリュームを「テスト」し、 20GB のデータを作成した場合:
df -A -h

Aggregate             total     used     avail     capacity
aggr1                 705GB     71GB     634GB     10%
aggr1/.snapshot       37GB    133MB    37GB    0%

「 test 」でボリュームギャランティを有効にしたあと:
df -A -h

Aggregate             total     used     avail     capacity
aggr1                 705GB     151GB    554GB     21%
aggr1/.snapshot       37GB      133MB    37GB    0%

ボリューム上に利用可能なスペースが表示されるのに、デバイス上にスペースが残っていないことを Filer から通知されるのはなぜですか。

ボリュームの割り当てがアグリゲートの割り当てを超える状況が発生すると、アグリゲートがオーバーコミットされます。500GB のアグリゲートを作成すると、 500GB の空きスペースが制限されます( WAFL オーバーヘッドが発生したあと)。ボリュームギャランティが on の場合は、 100GB ボリュームを 5 個作成すると、アグリゲートの df -A に 100% のスペースが使用されますただし、ボリュームギャランティが無効になっている場合は、必要な数の 100GB ボリュームを作成すると、作成したボリューム内のデータだけがアグリゲートに表示されます。この場合、ボリュームは使用されるに従って一杯になり、使用されている 500GB に達するとアグリゲートがいっぱいになり、個々のボリュームがいっぱいになっていなくても、アグリゲートにはこれ以上の書き込みを実行できなくなります。

ボリュームギャランティを有効にする必要があるのはなぜですか?

スペース不足によってアグリゲートに書き込みできなくなる状況を回避するために、ほとんどの場合、ボリュームギャランティを有効にする必要があります。ボリュームギャランティが on の場合は、スペース使用量をボリューム単位で監視できます。また、割り当て対象と使用状況が正確に表示されます。スペースが不足しているときに、利用可能なスペースがあることを保証することで、わからない状況を回避しています。

アグリゲートで実際に使用されているスペースを確認するにはどうすればよいですか?

df と df -A を併用すると、アグリゲート上の実際のスペース量とボリュームの使用量を比較できます。ただし、これらのコマンドは誤って解釈される可能性があり、場合によっては正確ではありません。使用されているスペースと使用されているスペースの量を比較する最適な方法割り当てられるの df -hstorage aggregate show-space は、コマンドとコマンドの出力を比較するためです。これにより、ギャランティに関係なく実際に使用されているスペースの量が正確に示されます。
 

ボリュームギャランティが 「 test 」に設定されている場合
df -h test
Filesystem               total       used      avail capacity
/vol/test/                95GB      264KB       94GB       0%
/vol/test/.snapshot     5120MB         0B     5120MB       0%

 

storage aggregate show-space -aggregate-name aggr1

    Aggregate : aggr1

    Feature                      Used    Used%
    --------------------------------       ----------    ------
    Volume Footprints                102.1GB      3% <<reserved for data+ metadata + snapreserve
    Aggregate Metadata                468KB      0%
    Snapshot Reserve                   0B      0%
    Total Used                   102.1GB      3%

    Total Physical Used               275.0MB      0%
 

* ボリューム「 test 」のフットプリントが「 used 」と大きく異なる点に注意してください。
 

ボリュームギャランティが 「 test 」に設定されていない場合:
df -h test
Filesystem         total     used    avail capacity
/vol/test/         95GB    304KB     94GB     0%
/vol/test/.snapshot    5120MB    216KB    5119MB     0%

 

storage aggregate show-space -aggregate-name aggr1

    Aggregate : aggr1

    Feature                      Used    Used%
    --------------------------------       ----------    ------
    Volume Footprints                1.93GB      0% << data used + metadata + snapreserve
    Aggregate Metadata                556KB      0%
    Snapshot Reserve                   0B      0%
    Total Used                    1.93GB      0%

    Total Physical Used               278.2MB      0%

 

Scan to view the article on your device

 

  • この記事は役に立ちましたか?