メインコンテンツまでスキップ

サービスプロセッサとは何ですか。また、どのように使用すればよいですか。

すべてのとおり  

に適用されます

FAS および AFF プラットフォーム

回答

サービスプロセッサとは何ですか。また、どのように使用すればよいですか。

サービスプロセッサ( SP )は、コンソールリダイレクト、ロギング、電源制御などのリモート管理機能を提供します。また、システムイベントアラートを追加送信することで、 AutoSupport を拡張します。たとえば、 SP はシステムの温度、電圧、電流、ファンの速度を監視します。環境センサーが異常な状態になると、 SP は異常な読み取り値をログに記録し、 Data ONTAP に問題を通知します。また、ストレージシステムが AutoSupport メッセージを送信できるかどうかに関係なく、必要に応じて AutoSupport メッセージを使用してアラートと「システムの所有」通知を送信します。

SP は、 FAS32xx シリーズから始まるネットアップのストレージシステム製品に組み込まれた、背後にある重要なコンポーネントです。

そのため、 SP を搭載したストレージ・システムの場合は、ストレージ・システムに関する SP で生成された AutoSupport メッセージと、 SP に関するストレージ・システムで生成された AutoSupport メッセージの 2 種類の AutoSupport メッセージが追加されます。

SP で生成される AutoSupport メッセージには、次の情報が含まれます。

  • 件名:ストレージ・システムの SP からの通知。 AutoSupport メッセージとログ・レベルの原因となったシステム状態またはイベントが表示されます。
  • メッセージ本文: SP 構成とバージョン情報、ストレージシステム ID 、シリアル番号、モデル、ホスト名。
  • 添付ファイル:システムイベントログ、 SP によって決定されたシステムセンサーの状態、およびコンソールログ( autosupport.content オプションが minimal に設定されている場合、コンソールログは省略されます)。

 

サービスプロセッサを利用できるシステムは何ですか。
  • FAS22x0
  • FAS25xx
  • FAS/V32x0
  • FAS/V62x0
  • FAS8000 / AFF8000
  • FAS2600/AFF A200
  • FAS8200/AFF A300
  • FAS9000/AFF A700

 

SP を構成するための前提条件は何ですか。

SPを設定するときは、ネットワークおよびAutoSupportの設定についての情報が必要です。

次の情報が必要です。

  • ネットワーク情報

SP に静的 IP アドレスを使用している場合は、次の情報が必要です。

  • SPの有効な静的IPアドレス
  • ネットワークのネットマスク
  • ネットワークのゲートウェイIP
  • AutoSupport情報

次のAutoSupportのオプションの設定に基づいて、SPはイベント通知を送信します。

  • autosupport.to 
  • autosupport.mailhost

SP を設定する前に、 autosupport.to オプションを設定することを考慮してください。Data ONTAPでは、AutoSupportの設定がSPに自動的に送信されるため、SPはAutoSupportメッセージを介してアラートおよび通知を送信できます。SP設定時に、AutoSupportメール ホストの名前またはIPアドレスの入力を求めるメッセージが表示されます。

 

SP の構成方法
Data ONTAP 7-Mode

ストレージシステムを初めてセットアップする場合は、 SP の設定を求めるプロンプトが表示されます。

Would you like to configure the SP? (y/n)? y
Would you like to enable DHCP on SP LAN interface? (y/n)? n
Please enter the IP address for the SP [ ]: 10.100.10.11
Please enter the netmask for the SP [ ]: 255.255.255.0
Please enter the IP address for the SP gateway [ ]: 10.100.10.1

次のコマンドを実行すると、 Data ONTAP 内からいつでも SP を再設定できます。

filer> sp setup
Would you like to configure the SP? (y/n)? y
Would you like to enable DHCP on SP LAN interface? (y/n)? n
Please enter the IP address for the SP [ ]: 10.100.10.11
Please enter the netmask for the SP [ ]: 255.255.255.0
Please enter the IP address for the SP gateway [ ]: 10.100.10.1

SSH 接続を許可する前に、 SP のリブートが必要になる場合があります。SP はsp reboot 、コマンドラインインターフェイスからコマンドを実行することでリブートできます。

clustered Data ONTAP/ONTAP 9

system node service-processor network modify コマンドを実行して SP を有効にし、 clustered Data ONTAP システムで設定します。

cluster1::> system node service-processor network modify -node node1 -address-type IPv4 -enable true -ip-address 192.168.1.201 -netmask 255.255.255.0 -gateway 192.168.1.1

次のコマンドを使用して設定を確認できます。

cluster1::> system service-processor network show
                             Address
Node          Status         Type      Link State  IP Address
------------- -------------- --------- ----------- ------------------------
node1         online         IPv4      up          192.168.1.201

                                 DHCP: v4
                          MAC Address: ab:cd:ef:fe:ed:01
                      Network Gateway: 192.168.1.1
             Network Mask (IPv4 only): 255.255.255.0
            Prefix Length (IPv6 only): -
            IPv6 RA Enabled: -
                          Subnet Name: -
              SP Network Setup Status: succeeded


node1         online         IPv6      disabled    -

                                 DHCP: none
                          MAC Address: ab:cd:ef:fe:ed:01
                      Network Gateway: -
             Network Mask (IPv4 only): -
            Prefix Length (IPv6 only): -
            IPv6 RA Enabled: -
                          Subnet Name: -
              SP Network Setup Status: not-setup


node2         online         IPv4      up          192.168.1.202

                                 DHCP: v4
                          MAC Address: ab:cd:ef:fe:ed:02
                      Network Gateway: 192.168.1.1
             Network Mask (IPv4 only): 255.255.255.0
            Prefix Length (IPv6 only): -
            IPv6 RA Enabled: -
                          Subnet Name: -
              SP Network Setup Status: succeeded


node2         online         IPv6      disabled    -

                                 DHCP: none
                          MAC Address: ab:cd:ef:fe:ed:02
                      Network Gateway: -
             Network Mask (IPv4 only): -
            Prefix Length (IPv6 only): -
            IPv6 RA Enabled: -
                          Subnet Name: -
              SP Network Setup Status: not-setup


4 entries were displayed.

SP をリブートするsystem node service-processor reboot-sp には、次のコマンドを実行します。

cluster1::> system node service-processor reboot-sp -node node1

Note: If your console connection is through the SP, it will be disconnected.
Do you want to reboot the SP ? {y|n}: y

 

SP へのログイン方法

SP にアクセスするには、次の 2 つの方法があります。

  • シリアルコンソールポートから、 Control + G を押して SP シェルにアクセスし、 Control + D を押してセッションを終了します。
  • イーサネット接続から、 SSH を使用して SP にアクセスします。SSH 接続では、ユーザ名とパスワードの入力を求められます。SP のログインは「 naroot 」です。 この「 naroot 」パスワードは、ストレージシステムのルートパスワードと同じです。ただし、 root ログインパスワードが空白の場合は、 SP を SSH で接続することはできません。これは仕様によるものです。

メモ:コンソールポートに接続しているときに Control-G キーを押しても、 root パスワードが設定されていても、ユーザ名やパスワードの入力は求められません。

7-Mode システムの場合、 SP にアクセスするためのユーザ名は「 naroot 」です。 clustered Data ONTAP/ONTAP 9 の場合は「 admin 」です。このユーザは、 ONTAP の「 root 」ユーザまたは「 admin 」ユーザと同じパスワードを共有します。

 

SP が構成されていない場合でも、 SP ログを収集できますか。

○コンソールポートを使用して、 Control + G を押して、 SP からコマンド出力を収集することもできます。コンソールログ自体はディスクには保存されませんが、ストレージシステムが再初期化されてもメモリバッファに残ります。バッファスペースが限られているため、最新のイベントに対応するために、システムログは必要に応じて上書きされます。

 

SPコマンド
基本的なコマンド

date - 日付と時刻を出力
exit - SP セッションを終了し、
events システムイベントとイベント情報
help を報告するクライアントコマンドを切断します。 - コマンドヘルプ
priv - show と set を実行できます session mode-commands
sp
system SP からの SP システムレベルコマンドに特に影響するコマンド
version : SP ファームウェアのバージョンを表示します

サブコマンド

events info - システムイベントログ情報をコンソールに表示
events newest します - 使用可能な最新のシステムイベント
events oldest を表示します - 最も古いシステムイベント
events search を表示します - システムイベントを検索してコンソールに出力
priv show します - が表示されます 現在のユーザモード
priv set :標準 / 管理ユーザモード
priv set admin に戻ります。管理ユーザモードに変更
priv set advanced します。詳細ユーザモードに変更します
priv set diag 。診断ユーザモードに変更します
sp reboot 。をリブートします sp
sp status : SP のイーサネットステータス情報を表示します (特定のアダプタの「 ifconfig 」と同じ出力
sp update )— SP ファームウェアの更新
sp uptime を実行します。 SP
system battery バッテリ関連コマンドの現在のアップタイムを表示
system battery show します。システムバッテリが表示されます status
system console ●システムコンソールに切り替えます
system core 。システムコアをダンプし、 Filer をリセット
system log します。システム
system power 電源を制御するコンソールコマンドセットにシステムコンソールログを表示します
system power cycle - システムの電源をオフにします。 then back on
system power off —システムの電源をオフ
system power on にします—システムの電源をオン
system power status にします—選択
system reset したファームウェアを使用してシステムをリセットするための system power status —コマンドセットを表示
system reset backup します—バックアップファームウェア
system reset current を使用してシステムを再起動 / リセットします—現在のファームウェア
system reset primary を使用してシステムを再起動 / リセットします
system sensors —システムセンサーを制御するためのプライマリファームウェアコマンドセット
system sensors show を使用します—を表示します 環境センサーのステータス
system sensors get :特定の環境センサーのステータスを表示
system sensors set-thresh します。特定の環境センサーのしきい値を設定します
system sensors set-fan
system sensors monitor 。特定のファンディスプレイ制御センサーの速度を設定します monitoring
system sensors thermal-mgmt ●特定のサーマル管理制御を設定
system fru します。 FRU にコマンドセットを使用
system fru show すると、現在取り付けられているハードウェアの FRU 情報が表示されます
system fru list 。 FRU ID 番号の現在のリストが画面に表示されます