メインコンテンツまでスキップ

Brocade スイッチファームウェアのアップグレード方法

Views:
35
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
fabric-interconnect-and-management-switches
Specialty:
san
Last Updated:

 

に適用されます

  • SAN
  • Brocade ファイバチャネルスイッチ
  • FlexPod

説明

この資料では、 Brocade スイッチのファームウェアをアップグレードする手順について説明します。

手順

この手順は、ファブリック接続 MetroCluster には適用されません。

注:

例:

V7.4.x — >v8.0.x — >v8.1.x

  1. ファームウェアバージョンを取得します。 ネットアップから Brocade Fabric OS を入手する方法を参照してください
  2. configupload コマンドを使用してアップグレードする前に、スイッチの設定がバックアップされていることを確認します。
  3. スイッチをアップグレードします
    1. ワークステーションが Brocade スイッチに ping を実行できることを確認します
    2. で、抽出したファームウェアディレクトリ構造を見つけます ftproot
    3. firmwaredownloadBrocade スイッチでコマンドを実行します。ファームウェアの更新は、 CLI または Web インターフェイスを使用して実行できます
    4. ワークステーションの IP アドレスを指定します
    5. 匿名ユーザまたは有効な FTP ユーザとしてログインします
    6. ftprootタイプを基準release.plistにしたファームウェアディレクトリへのパスを指定します。

例:

v8.4.0 の場合、パスは次 fw/v8.4.0/release.plist

release.plist/fw/v8.4.0release.plist のようになります。注:このファイルはファームウェアディレクトリのルートには含まれていません()。ただし、ファームウェアは、スイッチのタイプに基づいて、子ディレクトリ内の適切なファイルを使用します。

  1. スイッチはセカンダリファームウェアを更新し、リブートしてプライマリを更新し、最終的にリブートします。
  2. 完了したらversion、と入力して確認します firmwareshow.

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support