メインコンテンツまでスキップ

Archived: Back-to-Backシナリオの状況を悪化させる

Views:
46
Visibility:
Public
Votes:
2
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:
アーカイブは下記によって要求された:ポールStejska
アーカイブの理由:https://kb.netapp.com/onprem/ontap/P...istency_Pointsの複製

環境

  • ONTAP 9
  • Data ONTAP 8
  • Data ONTAP 7

回答

  • 受信ワークロード(連続またはバースト)は、ストレージアプライアンスで処理するように設定された値よりも大きくなります(一般に、本番環境の負荷では低速のドライブを使用することも含まれます)。
  • データレイアウト原因 の非効率性により、内部システムのオーバーヘッドが増大します(通常、LUNまたはVMDKストレージオブジェクトのIOがアライメントされていないため)。
    • 上記のいずれかの状況が発生した場合は、ストレージコントローラに関する今後のパフォーマンス問題を軽減するために、これらの状況を絶対に修正する必要があります。
    • 問題 がLUNまたはVMDKストレージオブジェクトのIOのずれが原因の場合は、パフォーマンスの問題にまず注力します。

注:

  • バックツーバックCPは 'B'  'b'  sysstat 、または出力のCP Type列で識別され、完了後に次のサンプルでCPSが開始されるだけではありません。
  • ワークロード、スループット、またはレイテンシにパフォーマンスの問題が生じている場合は、ネットアップグローバルサポートにケースをオープンしてください。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.