メインコンテンツまでスキップ

OnCommand Unified Manager のアラートを管理する方法

Views:
27
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
oncommand-unified-manager
Specialty:
legacy
Last Updated:

環境

  • OnCommand Unified Manager 7.3 (OCUM)
  • OnCommand Unified Manager 9.4(OCUM)
  • OnCommand Unified Manager 9.5(OCUM)
  • Active IQ Unified Manager 9.6 (AIQUM)
  • Microsoft Windows Server
  • VMware OVA
  • Red Hat Enterprise Linux(RHEL)
  • CentOS

: Active IQ Unified Manager 9.6では、古いOnCommand Unified Manager Webインターフェイスが使用されます。

説明

  • このナレッジ記事は、ストレージ 管理者が OnCommand Unified Managerでアラートを管理する際に役立つ情報を提供することを目的としています。
  • 新しい Active IQ Unified Manager 9.6以降でアラートを管理する場合は 、次のナレッジ記事を参照してください。
  • アラートは、クラスタ化されたストレージシステムの新しいステータスの変更を管理者に通知するように設定されています。   
  • すでに認識されている、または想定されるステータスのアラートを受信している場合、管理者は関連するアラートを無効にすることができます。
  • 関連するアラートを無効にするか、特定のリソースをアラートから除外しなければならない場合があります。

 

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.