メインコンテンツまでスキップ

パフォーマンス分析用のデータ収集に関する一般的なガイダンスONTAP 7ModeおよびCdot

Views:
20
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
Perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 7-Modeの略
  • Cdot

説明

これは、パフォーマンス分析のためにデータを収集するための一般的なガイダンスです。

データの収集方法は次のとおりです。

  • 調査が必要な問題 のタイプ
  • データへのアクセスに使用するプロトコル
  • インフラ(ネットワークの種類)

一部のコーナーケースでは、レポートされた問題 の複数の時点および各フェーズでデータを収集する必要があります。

たとえば、バックアップ処理が遅い、または一部のスクリプトの実行に時間がかかるなどの理由で問題 が報告された場合は、通常、バックアップ処理中にデータを収集する必要があります。また、バックアップに「通常」の時間(バックアップに「かなり長い時間」を要していなかった時間)にも収集する必要があります。

問題 の実行中にパフォーマンス分析用のデータを収集し、正確なタイムスタンプを指定して文書化する必要があります。

 データ収集には2つの主要なツールがあります。

ONTAP バージョン8.3以降を実行しているシステム:パフォーマンスアーカイブ (推奨ツール)とperfstat

https://kb.netapp.com/Advice_and_Troubleshooting/Data_Storage_Software/ONTAP_OS/Performance_Archives%3A_Performance_first_failure_data_collection_for_Clustered_Data_ONTAP_8.3_and_later

 

7-Mode システム: perfstat (version7.39)

https://kb.netapp.com/Advice_and_Troubleshooting/Data_Storage_Software/ONTAP_OS/FAQ%3A_Perfstat_collection_methods_omnibus

ダウンロードリンク :https://mysupport.netapp.com/site/tools/tool-eula/perfstat7

 

シングルイテレーション(-tパラメータ)の期間、イテレーション回数(-i)、および実行回数の決定は、問題 によって異なる場合があり、アクションプランを介して問題 で作業しているTSEによって行われます。

パラメータ-t(カウンタを収集してからもう一度初期化するまでの分数)ほとんどのパフォーマンストラブルシューティングでは5(5分)に設定されています。

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.