メインコンテンツまでスキップ
NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) Identity Management
Effective December 3 - NetApp adopts Microsoft’s Business-to-Customer (B2C) identity management to simplify and provide secure access to NetApp resources. For accounts that did not pre-register (prior to Dec 3) access to your NetApp data may take up to 1 hour as your legacy NSS ID is synchronized to the new B2C identity. To learn more, Read the FAQ and Watch the video. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

コンピューティングリソースとしての CPU

Views:
31
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
clustered-data-ontap-8
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • ONTAP 9
  • clustered Data ONTAP 8 
  • Data ONTAP 8 7-Mode 
  • Data ONTAP 7 以前 

回答

  • Data ONTAP では、システム機能を論理処理ドメインに分割する Coarse Symmetric Multiprocessing ( CSMP )設計が採用されています。
  • 各論理処理ドメインには、論理 CSMP ドメインを物理 CPU コア間でスケジューリングする方法とタイミングを制御する一連のルールがあります。
  • これらのルールは、すべての処理が安全かつ効率的に行われるように設計されています。

次の表に、一般的な論理処理ドメインとその一般的なタスクを示します

また、論理ドメインを 1 つ以上の CPU コアで同時に実行できるかどうか、および特定のスケジューリングルールについても説明します。

ドメイン名

ドメイン内の一般的なタスク

CPU 同時実行

NWK_EXCLUSIVE

IP 処理、 NFS プロトコル処理

1

1 つの CPU でのみ同時に実行できるネットワークコード

NWK_Exempt

IP 処理、 NFS プロトコル処理( 7-Mode および CDOT )、 SMB 処理( CDOT )

-1

CPU の最大数は、コントローラモデルと Data ONTAP リリースによって異なります

NWK_LEGACY_

IP 処理、 NFS プロトコル処理

1

1 つの CPU でのみ同時に実行できるネットワークコード

ストレージ

ディスクとの SCSI 通信
with disks

-1

Data ONTAP 8.2.1 以前、または 6 CPU 未満の場合は 1 の同時実行性

raid

RAID サブシステム

1

 

raid_exempt を指定します

RAID サブシステム

-1

Data ONTAP 8.2 で導入されました

XOR_EX

RAID サブシステム XOR パリティ処理

-1

ONTAP 9.0 で導入されました

target

SCSI ( FCP/iSCSI )処理

1

 7-Mode のみ

ssan _ 免除

SCSI ( FCP/iSCSI )処理

-1

clustered Data ONTAP 8.2 で導入されました

Kahuna

シリアル化された WAFL と、他のドメインにないもの

1

wafl_ex との排他的な関係(つまり、 1 CPU で Kahuna をアクティブにしたり、 1 CPU 以上で wafl_ex をアクティブにしたりすることはできますが、両方を同時にアクティブにすることはできません)

wafl_ex

並列化された WAFL

-1

Kahuna との排他的な関係(つまり、 Kahuna を 1 CPU でアクティブにすることも、 WAFL を 1 CPU 以上でアクティブにすることもできますが、両方を同時にアクティブにすることはできません)

wafl_xcleaner

WAFL

-1

 

sm_exempt を指定します

SnapMirror

-1

 

cifs

SMB プロトコル処理( 7-Mode のみ)

1

初期デコードのみ。大部分の SMB 処理は WAFL で行われます

免除

一般的な並列化された作業

-1

 

ホスト OS

NTP 、環境センサーモニタリング、 ZAPI 処理、 AutoSupport など、 BSD レイヤが所有するタスク

-1

 

 

  • 論理 CSMP ドメインは、 Data ONTAP カーネルによって物理 CPU コアで実行されるようにスケジュールされています。
  • スケジューリングロジックは、特定の Data ONTAP リリースおよびハードウェアプラットフォームに固有であり、システム全体のパフォーマンスを最大化するように調整されています。
  • 特定の論理ドメインの並列処理のレベルは、次のようないくつかの要因によって異なります。
    • 受信ワークロード率
    • 要求されている作業のタイプ
    • Data ONTAP OS のバージョンなど。

追加情報

スケジューリング動作:
  • 使用頻度の高い論理ドメインを物理 CPU コアに固定して、キャッシュ効率を最大化します。
  • 実行キューの処理を最適化するために、さまざまな負荷ポイントで物理 CPU コアをシャットダウンします
  • これらの最適化により、物理 CPU コア間でワークロードのバランスが不均等になる可能性があります。
  • この動作は仕様に基づいており、 Data ONTAP のリリースとプラットフォームの組み合わせごとに最適化されています。