メインコンテンツまでスキップ

ONTAP データ処理遅延解決ガイド

Views:
258
Visibility:
Public
Votes:
2
Category:
ontap-9
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

ONTAP 9

説明

  • ONTAP でのデータ処理遅延のトラブルシューティング。
    • CPU の競合
    • CPU 利用率が高い
    • Dblade レイテンシー
    • WAFL レイテンシ
    • 極端な状況では、CPUが枯渇するとサービスが停止する可能性があります
  • メモ:これは、 ONTAP 9 のパフォーマンスのトラブルシューティング方法に関する 2 番目の記事です。 ONTAP9 パフォーマンスのトラブルシューティングに関する主要な解決ガイドを参照してください
  • Active IQ Unified Managerqos statistics volume latency showやなどのコマンドを使用すると、レイテンシがデータ( CLI )またはデータ処理( Active IQ Unified Manager )に表示され、ターゲットボリュームのレイテンシにアクティブに影響します。 

例:

Cluster::> qos statistics volume latency show
Workload            ID    Latency    Network    Cluster     Data       Disk        QoS      NVRAM
--------------- ------ ---------- ---------- ---------- ----------  ---------  ---------  ---------
-total-              -   136.49ms    99.00us    70.00us   136.17ms   153.00us        0ms        0ms
vserver1_vol1..   4201   206.05ms   130.00us        0ms   205.88ms    44.00us        0ms        0ms
vserver5_vol8..   7704  1309.00us   351.00us     1.00us   834.00us   114.00us        0ms     9.00us
-total-              -   140.29ms   103.00us    75.00us   139.94ms   174.00us        0ms        0ms
vserver1_vol1..   4201   379.03ms   127.00us        0ms   378.73ms   175.00us        0ms        0ms
vserver5_vol8..   7704     2.02ms   309.00us     1.30us  1820.00us   105.00us        0ms     9.00us

手順

  1. 高 CPU が問題の原因でレイテンシが発生していないかどうかを確認します
  1. qos statistics workload resource cpu showを使用して、次の操作を
    • 上位のワークロードを特定
    • 内部ワークロードが実行されているかどうかを確認します
    • またはUser-Defaultユーザワークロードと利用率を比較します

注意:wafltopこれを確認するために使用することもできます

例:CPU 利用率が最も高いUser-Defaultため、フロントエンドの CIFS/FCP /iSCSI/NFS のワークロードは原因 であり、手順 3 でボリュームごとに識別できます

cluster1::> qos statistics workload resource cpu show -node nodeB Workload ID CPU ------------------ ------ ----- -total- (100%) - 70% User-Default - 42% _SNAPMIRROR - 20% _Efficiency_BestEffort - 8%
  1. qos statistics volume resource cpu showを使用して、次の操作を
    • 上位のワークロードを特定
    • ユーザワークロードが実行されているかどうかを確認( CIFS / FCP / iSCSI / NFS クライアントの動作)
    • ボリューム間で利用率を比較します
cluster1::> qos statistics volume resource cpu show -node nodeB Workload ID CPU --------------- ------ ----- -total- (100%) - 71% vs0-wid101 101 22% file-1-wid121 121 11% vol0-wid1002 1002 8%
  1. 上位のワークロードを削減
  1. 上記のいずれの手順も機能しない場合は、次の手順を実行

Sign in to view the entire content of this KB article.

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support

Scan to view the article on your device