メインコンテンツまでスキップ

SMB Continuous Available ( CA )共有とは何ですか

Views:
208
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
cifs
Last Updated:

に適用されます

ONTAP 9

回答

継続的可用性( CA )は共有プロパティです。 SMB3 のスケールアウト、永続的ハンドル、監視、透過的フェイルオーバーを使用すると、コントローラのアップグレードや障害などのシステム停止を伴うシナリオでファイル共有にアクセスできます。

ONTAP では、 Hyper-V over SMB と SQL Server over SMB の両方の使用例で CA 共有がサポートされています。

CA 共有は ONTAP 8.2 以降でサポートされ、 Hyper-V 仮想マシンファイルまたは SQL Server システムデータベースの両方の SMB 共有と、 FlexVol および FlexGroup ( 9.6+ )を備えた Storage Virtual Machine ( SVM )に存在するボリューム上のユーザデータベースでサポートされます。 同時に、計画的なイベントと計画外のイベントの両方にノンストップオペレーション( NDO )を提供します。

Hyper-VおよびSQL Server over SMBのノンストップ オペレーションとは、さまざまな管理作業の間も、アプリケーション サーバおよびそれに格納された仮想マシンやデータベースをオンラインのまま維持して、継続的な可用性を実現できる機能の組み合わせのことです。これには、ストレージ インフラの計画的停止と計画外停止の両方が含まれます。

SMBを介したアプリケーション サーバのノンストップ オペレーションでは、次のような操作がサポートされます。

  • 計画的なテイクオーバーとギブバック
  • 計画外のテイクオーバー
  • ONTAP のアップグレード
  • 計画的なアグリゲートの再配置(ARL)
  • LIFの移行とフェイルオーバー
  • 計画的なボリュームの移動

SMB 3.0のリリースに伴い、Microsoftから、Hyper-VおよびSQL Server over SMBのノンストップ オペレーションのサポートに必要な機能を備えた新しいプロトコルがリリースされました。

Data ONTAPでは、SMBを介したアプリケーション サーバのノンストップ オペレーションを実現するために、それらのプロトコルを使用しています。

  • SMB 3.0
  • 監視
    • 監視プロトコルにより、SMB 3.0の継続的な可用性が確保された共有に対するクライアント フェイルオーバー機能が強化されます。  監視を使用すると、LIFのフェイルオーバーのリカバリがバイパスされるため、フェイルオーバーにかかる時間が短縮されます。  ノードを使用できなくなると、SMB 3.0接続のタイムアウトを待たずにHyper-Vサーバに通知されます。  SMB 監視では、 TCP 40001 のブロックを解除する必要があります。
質問 2

CA 共有は、特定のユースケースでのみサポートされます。サポートされていない方法で設定されている場合、どうなる可能性がありますか。

答え 2

一般的な SMB ファイル共有 / ホームディレクトリ CIFS 共有の CA 共有プロパティを設定することで発生する可能性がある最も一般的な問題は、パフォーマンスに関連する問題です。パフォーマンスの問題により、大量のメタデータを作成するワークロードでは CA 共有を使用しないでください。従来のファイル共有に関連するワークロードのパフォーマンスは、スケールアウトされていないファイルサーバ環境でははるかに優れています。

SMB クライアント のパフォーマンスは 、通常のファイル処理に影響する可能性があり、 CA 共有で使用されるロックメカニズムに関連する余分な内部オーバーヘッドが原因で、 ONTAP の他のサブシステムにも表示される場合があります

通常のファイル共有では CA 共有がサポートされないため、 homedirectory 、 BranchCache 、アクセスベースの列挙、属性のキャッシュなどの共有プロパティは設定しないでください。

質問 3

CA 共有はサポートされている MetroCluster 構成ですが、スイッチオーバー / スイッチバック中に予想される動作はどれですか。

答え 3

TR-4705 から:「 NetApp MetroCluster ソリューションのアーキテクチャと設計」( www.netapp.com/us/media/tr-4705.pdf 、ページ 6 )

1.8 Application Transparency
MetroCluster は、あらゆるフロントエンドアプリケーション環境に透過的に対応できるように設計されており、アプリケーション、ホスト、クライアントに変更が必要な場合はほとんどありません。  接続パスはスイッチオーバーの前後で同一です。ほとんどのアプリケーション、ホスト、クライアント( NFS および SAN )は、ストレージを再接続または再検出する必要はなく、自動的に再開されます。  SMB アプリケーション(継続的な可用性共有を持つ SMB3 を含む)は、スイッチオーバーまたはスイッチバック後に再接続する必要があります。  このニーズは SMB プロトコルの制限事項です。 

質問 4

「継続的に使用可能な」共有プロパティが削除された後、セッションがその共有プロパティを使用しないようにするには、どうすればよいですか。

答え 4

CA を利用しているセッションを確認するには、次の 2 つのコマンドを組み合わせて使用します。  

継続的可用性は、最初のクライアント接続でネゴシエートされ、そのセッション接続の間記憶されます。このプロパティを削除すると、既存の接続には適用されません。継続的可用性がネゴシエートされたクライアントは、再接続して強制的に接続する必要があります。クライアントが CA 共有機能を使用せずに接続できるようにするには、クライアントのリブートが必要になる場合があります。

vserver cifs session show  

1087112-1.png

vserver cifs session file show

1087112-2.png

注意: 1097331 のため、開いているファイルがない場合のデフォルトの CA 共有出力を Yes から No に変更しました
1097331 以前のバージョンを使用している場合は、 #open ファイルが 0 より大きいことを確認してから、 CA 接続に属性付けます。


アクティブ IQ システムリスク検出

ストレージシステムで AutoSupport を有効にしているお客様向けに、 Active IQ ポータルでは、お客様、サイト、システムの各レベルについて詳細なシステムリスクレポートを提供しています。レポートには、特定のリスクを持つシステム、重大度レベル、および軽減アクションプランが示されます。これらのアラートのいずれかの結果として、この記事を読んでいる可能性があります。システム上の CIFS 共有で CA 共有が検出された場合は、現在サポートされている使用例に該当することを確認してください。

ONTAP では、 Hyper-V over SMB と SQL Server over SMB の両方の使用例で CA 共有がサポートされています。一般的な SMB ファイル共有 / ホームディレクトリ CIFS 共有ではサポートされていません。

ONTAP では、 Hyper-V や SMB over SQL から通常のファイル操作とは異なるクライアント接続を認識できないため、 CA 共有の使用状況を警告するために At Risk Signature ( ARS ;リスクシグネチャ)を実装しました。 

CA 共有の環境に適切なユースケースが導入されていることを十分に確認している場合は、これらの警告を無視してもかまいません。

詳細については、を参照してください。

追加情報

関連記事とリンク: