メインコンテンツまでスキップ
NetApp Response to Russia-Ukraine Cyber Threat
In response to the recent rise in cyber threat due to the Russian-Ukraine crisis, NetApp is actively monitoring the global security intelligence and updating our cybersecurity measures. We follow U.S. Federal Government guidance and remain on high alert. Customers are encouraged to monitor the Cybersecurity and Infrastructure Security (CISA) website for new information as it develops and remain on high alert.

ディレクトリをドラッグ / ドロップまたは移動する場合、アクセス権が継承されないのはなぜですか。

Views:
2,674
Visibility:
Public
Votes:
1
Category:
data-ontap-7
Specialty:
core
Last Updated:

に適用されます

Data ONTAP 7

回答

ディレクトリをドラッグ / ドロップまたは移動する場合、アクセス権が継承されないのはなぜですか。

同じディレクトリを切り取り / 貼り付けすると、アクセス権は適切に継承されません。

NTFS ボリュームでは、 NTFS Access Control List ( ACL ;アクセス制御リスト)の設計上、このような権限の動作が想定されます

Microsoft の技術情報によれ[1]ば、ファイルやフォルダをコピーして移動するときにアクセス権がどのように処理されるかは、デフォルトではオブジェクトは親オブジェクトからアクセス権を継承します。アクセス権は作成時、またはオブジェクトが親フォルダにコピーされたとき、または親フォルダに移動されたときに継承されます。このルールの唯一の例外は、同じボリューム上の別のフォルダにオブジェクトを移動する場合です。この場合、元の権限が保持されます。

Microsoft Vista および Windows Server 2008 の場合は、 Microsoft の技術情報アーティクル「 Inherited permissions are not automatically updated when you move folders」を参照してください。フォルダまたはファイルには、親から継承されたとマークされた権限も含まれています。これは、 Windows XP から Windows Vista および Windows Server 2008 への設計変更です。今後の権限の問題をトラブルシューティングする際は、この点に注意してください。

 

 

Scan to view the article on your device