メインコンテンツまでスキップ

アグリゲート内のすべてのボリュームの IOPS の合計がアグリゲートの IOPS と一致しないのはなぜですか。

Views:
88
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • OnCommand Unified Manager ( OCUM )
  • Active IQ Unified Manager ( AIQUM )
  • ONTAP 9

回答

  • ONTAP では、ボリュームレイヤとアグリゲート(ディスク)レイヤが2つのレイヤであり、それぞれ異なる点が考慮されます
    • ボリュームレベルではフォアグラウンド処理のみが実行されますが、アグリゲートレベルの処理ではすべてのバックグラウンド処理とフォアグラウンド処理が実行されます
  • ワークロードは、ボリューム操作に比べてアグリゲート操作の数を増減できます
    • 次に例を示します。
      • 1GBのファイルはプロトコルレベルで1MBのチャンク単位で読み取られる場合もありますが(1MBあたり1 IOP)、バックエンドで複数のWAFL 読み取り要求を行って1つの処理を並列で処理する必要があります
      • 前述の1MBチャンクの例の1GBファイルでは、最初のメガバイトチャンクが読み取られると、先読みは2番目、3番目などのチャンクを予測的にフェッチし、その後、ユーザ/アプリケーションは読み取りパフォーマンスを向上させるためにデータを要求します
      • 頻繁にアクセスされるデータはRAMにキャッシュされ、ディスクアクセスは不要です
      • ワークロードとは、整合ポイントによってバッファされるすべての書き込みのことで、整合ポイントがディスクにフラッシュされるために、さまざまなレベルのディスクアクセスが必要になります
  • もう1つの考えは、データがキャッシュされて頻繁に使用され、アグリゲートレベルよりもIOPSが高くなることです

 

アグリゲートの処理数がボリュームと異なるのはなぜですか。
  • ONTAP はバックグラウンド処理が多数存在し、この処理をボリュームから切り離しています
  • ONTAP ではワークロードの動作が異なります
    • 要求が来たときは IOPS が混在します
      • たとえば 、 1 つのボリュームに 4KB の読み取りがあり、残りの 1MB の読み取りがあり、整合ポイントまでディスクに書き込まれない書き込みワークロードが存在する場合があります
    • ネットワークで IOP が 1 つ発生すると、複数の WAFL IOPS がトリガーされるか、ネットワークで複数の IOPS を使用して 1 つの WAFL IOP が作成される可能性があります

 

IOP タイプ(読み取り、書き込み、その他、小規模または大規模)の違いが、ディスクよりボリュームの IOPS 数に与える影響
  • 同じデータを繰り返し読み取る読み取りは、最初のヒット後にキャッシュされます
  • 先読みは、要求される前に必要なブロックを取得するため、ボリューム IOPS よりも多くのディスク IOPS を引き起こします
  • 大きな読み取り( 64KB を超える)にはボリューム IOPS が 1 つ設定されますが、複数のディスク IOPS がマージされます
  • 書き込みは整合ポイントを通過し ' ディスクには書き込まれません
  • 一般に、ファイルシステム構造を変更しないその他の IOPS はキャッシュに格納されます
    • 例:ボリュームには 100 、 000 、 GETATTR IOPS がありますが、ワークロードの初回ロード後はディスクを使用してデータを読み取ることはありません
  • ファイルシステム構造を変更するその他の IOPS では、メタデータとデータブロックを更新するために複数のディスク IOPS が必要になる場合があります
    • 例: ファイルを上書きする属性設定には、次のような変更があります。
      1. メタデータを更新します
      2. 既存のブロックを空きとしてマークします
      3. WAFL の動作により、新しいディスク上の新しい場所に新しいデータを整合ポイントに書き込みます

 

AIQUM でこれらの出力を使用して、ワークロードを追加できるかどうかを確認します

追加情報

例: アグリゲート内のすべてのボリューム(2、000未満)の合計で、AIQUMでの5、000アグリゲートIOPSの合計がスクリーンショットの表示に表示されません

アグリゲートのボリュームIOPSがアグリゲートのIOPSと一致しません

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.