メインコンテンツまでスキップ

ボリュームのレイテンシまたはIOPSがActive IQ Unified Manager またはONTAP のアグリゲートと一致しないのはなぜですか?

Views:
10
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

  • OnCommand Unified Manager ( OCUM )
  • Active IQ Unified Manager ( AIQUM )
  • ONTAP 9

回答

  • ONTAP は、最適化とバックグラウンドワークロードにより、フロントエンドIOPSをバックエンドから切り離します
  • Active IQ Unified Manager のアグリゲートでパフォーマンス容量が100%に達して いるか、ディスクレイテンシ発生しているユーザ作業がないかぎり、バックエンドディスク/アグリゲートのIOPSをパフォーマンス監視用の指標として使用しないでください
バックグラウンドワークロードはディスクIOPSにどのような影響を与えますか。
  • ディスクで実行されているバックグラウンド処理で、ボリュームIOPS(フロントエンド)の一部としてカウントされないため、ディスクのIOPS /転送レベルが向上する可能性があります
    • たとえば、次のようなものがあります。
      • WAFL スキャナ
      • 重複排除(インラインまたはスケジュール)
      • 関連するすべてのスナップショット
      • 階層化/ FabricPool
    • 次に例を示します。
      • tiering スキャナの総IOPSは60、000で、最もビジーなボリュームのIOPSは2、000です
      • フロントエンドが最小限のDRまたはバックアップファイラーは、フロントエンドの異常な作業において、使用可能なすべてのCPUおよびディスクI/O帯域幅を使用してSnapMirror /バックアップのワークロードを迅速に処理します
    • これらのバックグラウンドワークロードは、クライアントからのワークロードが増加するとフロントエンドになります
すべてのボリュームが追加されたときよりもIOPSが大きいアグリゲートやIOPSが小さいアグリゲートに影響する可能性がある要因は他に何ですか?
  • 読み取りは、 ONTAP の先読みエンジンから事前に取得されます
    • 先読みは、先読みが何年も最適化されている間のレイテンシを低減し、必要なものを正確に予測するのに非常に効率的です
    • プリフェッチを使用すると、ネットワークで IOP が発生する際に、読み取りはキャッシュ( RAM )に保存されます
  • 読み取りは RAM にもキャッシュされ、 Flash Cache または Flash Pool テクノロジを使用して低レイテンシでキャッシュされることがあります
  • 書き込みは RAM にキャッシュされ、非同期で整合ポイントのディスクに書き込まれるまでは書き込み時のレイテンシは低くなります
  • ONTAP では、どのような処理が他の IOPS に分類されますか。 メタデータ構造は必要に応じて RAM にもキャッシュされるため、他の IOPS ではディスクへのアクセスは不要です

追加情報

 

  • 例: 左側の最初のボリュームのレイテンシは 0.569 ミリ秒 / 処理で、アグリゲートの平均レイテンシは約 10 ミリ秒です

aiqum-aggr-vol-iops.png

 

NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.