メインコンテンツまでスキップ

Snapshot サイズに影響し、 Snapshot オーバーフローが発生する可能性があります

Views:
2,270
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
ontap-9
Specialty:
core
Last Updated:

環境

  • Data ONTAP 7-Mode
  • clustered Data ONTAP 8
  • ONTAP 9
  • Snapshot 数
  • Cloud Volume ONTAP

回答

  • アクティブなファイルシステムの変更が多ければ多いほど、Snapshotコピーの保持期間が長くなるほど、コピーによるスペース消費量も多くなります。
  • これは、WAFLがデータブロックを上書きしないためです。
  • ファイルが変更されると、更新されたブロックは新しい場所に書き込まれます。
  • アクティブファイルシステムからデータが削除されても、そのデータを含む古いSnapshotコピーは引き続きそれらのブロックを参照するため、スペースは解放されません。
  • そのため、スナップショットのサイズが大きくなり、スナップリザーブを超えて拡張される可能性があるため、AFS(アクティブファイルシステム)にオーバーフローします。
  • この場合、ユーザは次のオプションのいずれか(または組み合わせ)を使用できます。
  1. スナップリザーブを増やす(ボリュームのサイズを増やすか、ボリュームのオートサイズモードを有効にする)
  2. Snapshotの保持率の変更
  3. Snapshotの自動削除の設定
  4. SnapshotをDRにバックアップ
NetApp provides no representations or warranties regarding the accuracy or reliability or serviceability of any information or recommendations provided in this publication or with respect to any results that may be obtained by the use of the information or observance of any recommendations provided herein. The information in this document is distributed AS IS and the use of this information or the implementation of any recommendations or techniques herein is a customer's responsibility and depends on the customer's ability to evaluate and integrate them into the customer's operational environment. This document and the information contained herein may be used solely in connection with the NetApp products discussed in this document.