メインコンテンツまでスキップ

Active IQ Unified のディスクスペースに関する問題の解決方法 マネージャー

Views:
3
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
active-iq-unified-manager
Specialty:
om
Last Updated:

に適用されます

  • OnCommand Unified Manager 7.x/9x ( OCUM )
  • OnCommand Unified Manager 9.4 ( UM )
  • OnCommand Unified Manager 9.5 ( UM )
  • Active IQ Unified Manager 9.6 ( AIQUM )
  • Active IQ Unified Manager 9.7 以降( AIQUM )
  • VMware 仮想マシン OVA
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2019
  • Red Hat 6.x
  • Red Hat 7.x
  • CentOS 7.x

説明

この資料では、 Active IQ Unified Manager のディスク容量の問題を解決するために必要な対処方法を判断するためのプロセスフローについて説明します。プロセスフローは次のとおりです。

1. ドキュメントに従って、最低限必要なディスクスペースを使用して Active IQ Unified Manager が導入されていることを確認します。
2. Active IQ Unified Manager がディスクスペースに関する「 Active IQ Unified Manager :ベストプラクティスガイド」の推奨事項を満たしていることを確認する。
3. ディスクスペースの調整が必要な場合は、ドキュメントおよびベストプラクティスガイドに記載されているとおりに行います。ディスクスペースの最小要件と推奨事項がすでに満たされている場合は、手順 4 、 5 、 6 に進みます。
4. 不要なサポートバンドルがあるかどうかを確認します。
5. 不要なバックアップを削除できるかどうかを確認します。
6. 既知の問題があるかどうかを確認します。

注:このプロセスフローは OnCommand Unified Manager にも適用されます。

ディスクスペースの問題を調査 するときは、最小ディスクスペースを満たし、 1 つの環境で推奨されるディスクスペースを満たしていることが最も重要です。この 2 つの要素に 1 つでも対応できない場合、問題は一時的にのみ解決されます。最初の 2 つの手順はスキップしないでください。最初の 2 つの項目である、ネットアップサポートによるチェックも行われます。

 

CUSTOMER EXCLUSIVE CONTENT

Registered NetApp customers get unlimited access to our dynamic Knowledge Base.

New authoritative content is published and updated each day by our team of experts.

Current Customer or Partner?

Sign In for unlimited access

New to NetApp?

Learn more about our award-winning Support