メインコンテンツまでスキップ
If you missed the pre-registration for NetApp MS Azure AD B2C Go Live, when you log in, the new login prompt will offer the option to register. Please note that access to your NetApp data may take up to 1 hour. Need assistance? Complete this form and select “Registration Issue” as the Feedback Category. 

qos statistics コマンドの内部 ONTAP ワークロードにはどのようなものがありますか?

Views:
32
Visibility:
Public
Votes:
0
Category:
not set
Specialty:
perf
Last Updated:

環境

ONTAP 9

回答

  • User-Default:この環境 CIFS 、 FCP 、 iSCSI 、 NFS のワークロードがクライアントシステムに存在し、特定のボリュームは表示も集計もされていません。
    • qos statistics volume resource cpu show コマンドを使用して、上位のボリュームワークロードを確認します。
    • 出力は qos statistics workload resource cpu show と同じですが、リストにはボリュームのみが表示され、バックグラウンドワークロードは表示されません。
  • _DEDUP_Efficiency_Besteffort_Efficiency_Background、または:重複排除やその他の Storage Efficiency ジョブ。
  • System-Default:明示的に定義されていない( SnapMirror や重複排除など)バックグラウンドワークロードをすべて含む内部 ONTAP ワークロード。
    • これには、 Snapshot クローン、 RAID スクラビング、およびその他のバックグラウンドタスクが含まれます。
  • _SNAPMIRROR:これは、 SnapMirror または SnapVault のワークロードに該当します。
  • _WAFL_SCAN:バックグラウンド WAFL スキャナは、主に SnapMirror または Snapshot のワークロードに使用され、 WAFL scan status コマンドで表示できます。
  • _RAID または _RAID_SCRUB:バックグラウンド RAID ワークロード。 RAID スクラビングが実行される可能性があります。
  • _ocs_vserver: コピーオフロード。
  • System-Default:バックグラウンドプロセスである別のワークロードでカバーされていないもの。
  • _Tape-Backup:テープバックアップ

追加情報

AdditionalInformation_Text